Flash Professional CC 2015 基本講座

テキストにグラデーションを加える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テキストにはグラデーションが使えません。グラデーションで塗られたテキストのつくり方をご説明します。
講師:
03:52

字幕

このレッスンでは塗りにグラデーションをつけたテキストを作ってみます今 静止テキストでブルーのカラーで文字が入っていますFlash Pro と書いてありますこのカラーを変えるにはプロパティのパネルのカラーで選択すれば良いんですが残念ながら グラデーションがありませんというのは テキストにはグラデーションをかけることができないですですから 厳密にはグラデーションのかかったテキストは出来ないんですけれどもテキストに グラデーションのついたイメージを作ることが可能ですちょっと分かりにくいかもしれませんが結果を見てみれば分かりますどうするかというと 文字が選ばれていますそして この状態で修正メニューから分解ショートカットは Break の B になっていますCtrlキー もしくはCommandキーを押しながら B Breakこれで 文字が1文字1文字 分かれましたでも これはまだテキストですねプロパティを見ると静止テキストになっています改めて 全部選び直しもう一度ブレークします修正メニューの分解もしくは Ctrl もしくは Command+B のショートカットですねこうすると 見た覚えがありますねシェイプになっていますシェイプであればグラデーションを付けることができますもっとも このままシェイプに加工してしまいますともし 綴りが間違ってたりとかあるいは 文字をちょっと動かしちゃったという場合に直すのが大変ですそのため 1つお勧めするのがガイドレイヤーに元の文字を残しておくことですでは これはいったん復帰します復帰をしてそして レイヤーを1個追加します新規レイヤーのボタンで追加しましたテキストを選んでコピーしたら上のレイヤーにですから下のレイヤーはロックかけときましょう上のレイヤーに同じ位置にペーストということで同じ文字が2つ重なりました今両方とも見えなくしてますが下には文字がありますし上には 今コピーした文字がありますですので この上の方の文字を分解してしまいましょうでは 分解2回でしたね分解を2回しますシェイプに変わりましたもし何か失敗したら改めて 下にある文字をもう一度分解し直すなりもし 綴りが間違っていたらここで綴りを直して改めて 上のレイヤーに持っていけば良いということになりますでは ここからはもう下のレイヤーのことは忘れましょうその前に ここをガイドレイヤーにしておきましょうねガイドレイヤーにしておけばswf に書き出した時にこの下のレイヤーの文字は書き出しされませんから右クリックで ガイドにしておきますでは 上の文字 全部選んでシェイプですから普通に シェイプの塗りの設定でグラデーションがちゃんと選べますこのグラデーションですと 1文字ごとに虹色が グラデーションが付きます文字ごとに 1クールといいますかグラデーションの繰り返しが行われますもう1つの方法として 全部選んだ状態でバケツツールで虹色のグラデーションが選ばれた状態で文字の上 どっかクリックするとまあ厳密には シェイプなんですけれども今度は 文字全体を通してグラデーションが1周するということになりますこのレッスンではテキストにはグラデーションがかからないんですがグラデーションのかかったテキストのシェイプを作るというアイデアをご紹介しました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。