Flash Professional CC 2015 基本講座

関数の定義と呼び出し

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
関数を定義すると、いつでも呼び出して実行できます。
講師:
04:57

字幕

このレッスンでは、関数の定義と呼び出しについてご説明をします。今、ステージにはムービークリップインスタンスが 1 つ置かれています。そのインスタンスには bar_mc という名前がついています。ムービークリップですね。そしてタイムラインにはスクリプト用のレイヤーはあるんですけれどもまだ空っぽです。何もスクリプトが書かれていません。では、ここに bar_mc のインスタンスをコントロールするスクリプトを書きましょう。右クリックで「アクション」です。bar_mc回転しましょう。プロパティは rotation です。それに対して現在の角度に 90 度加算すると言うことで+=90;命令文、ステートメントが1つ終了しました。これで確認しましょう。「制御」>「プレビュー」で確かにインスタスが90 度回転してますね。さて、この 1 回の処理であれば特にこれでいいんですけども何度も実行したい90 度どんどんどんどん加算していきたいという場合があります。何度も実行したい処理は関数に定めるとその関数の処理をいつでも呼び出して「呼び出し」という言い方をするんですけどもいつでも呼び出して実行することができます。 関数の文法についてまず説明しておきましょう。関数は function というキーワードで定義します。そして関数名を定めます。もちろん、漢字で定めてはいけません。変数と同じように識別子で定める必要がありますがここは文法の説明ですのでまず、とりあえずは漢字を使ってしまいます。そして (){ を始めて改行すると、自動的に } が入ります。この中に何度も処理したい内容を書きます。今回は 90 度回転するという処理だとしましょう。そうすると、これを選択して移動します。これで関数が定義できました。ただ、関数が定義されただけでは何も起こりません。言ってみればサウンドのダウンロードと同じことでダウンロードした後再生しないといけませんね。再生の仕方というのはとても簡単です。これを「関数の呼び出し」と言うんですけども関数名、() ですね。そしてこれで、ステートメント終了。このかたちで関数がまず、この 3 行で定義され4 行目で呼び出しが行われます。関数名、先程言いましたとおり識別子でないといけませんので回転ですから rotate としましょう。この名前を呼び出しの時に使います。コピーしてペーストですね。これで関数が定義され呼び出しが行われます。 結果は変わらないんですけども確認しておきましょう。「制御」>「プレビュー」です。90 度回転しました。関数は何度でも実行できるといいました。確認しましょう。これをコピーして改行してペーストします。90 度 90 度と回転しますから合計 180 度回転します。「制御」>「プレビュー」で180 度回転しました。サウンドはダウンロードした後でないと実行ができません。関数の場合も同じなんですが実は関数というのはこのアクションスクリプトを実行する時にあらかじめ関数があるかなと探してメモリにとられるんですね。ですからスクリプトを書くときの順序によらず関数は必ず最初にメモリにとられます。ですから、呼び出しは前の方でも構わないんですね。見た目で見ると呼び出しを先にして関数定義が後にしていると見えるかもしれませんが実際には、関数定義はこのスクリプトを実行する前にメモリにとられてつまり、先にこれが読まれるんですね。そして、読まれた後スクリプトを順々に実行していきますので後に書いてあっても実は内部的には先に行われると考えていただいて結構です。ですから、これでも関数はきちんと呼び出されて180 度回転します。このレッスンでは関数の定め方、定義とその実行の仕方についてご説明しました。

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。