Flash Professional CC 2015 基本講座

複数のインスタンスの位置を動かす

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
インスタンスを複数並べて動かすときには、位置の決め方に注意しなければなりません。
講師:
05:06

字幕

このレッスンでは、インスタンスを複数並べて動かす時の注意を申し上げます。今ステージにはムービークリップインスタンスが 1 つ置いてあります。メインタイムラインには単にこのインスタンスが置いてあるレイヤーがあるだけで、スクリプトのレイヤーはありません。メインタイムラインにはスクリプトがないんですけれども、シンボルの中に書いてあります。そのスクリプトの内容というのは右にスクロールするというものなんですが、まず動きを見ておきましょう。「制御」から「プレビュー」です。右に動いて、しかもステージの右端を超えると左端から登場するというそういうスクリプトです。どんなふうに書いてあるかというと、ではシンボルをダブルクリックしてシンボルの編集状態、名前が Pen になっていますけれども、スクリプトのレイヤーがありますからアクションパネルを開きます。まずアニメーションはaddEventListener でEvent.Enter_FRAME のイベントにListener 関数を登録します。その Listener 関数は x の座標を、このインスタンスの座標ですね。水平座標を 5px 加算します。そして _width というのはステージの幅が入れられている変数なんですけれども、そのステージの幅よりも大きくなったら右に行ってしまったらステージの幅を差し引くというふうにしています。 これできちんと動くんですがこのスクリプトを見た時にあれ =0 じゃいけないんだろうかと思ったかもしれません。インスタンスが 1 個であれば問題ありません。見てみましょうか。「制御」から「プレビュー」です。普通にスクロールしていますね。けれどもインスタンスを複数並べた場合にちょっと不都合があります。ではメインタイムラインシーン 1 に戻ってアクションパネルを閉じて、このインスタンスをコピーして並べます。同じ位置にペーストした上で...ちょっと今ずれた感じがしますね。念のため整列パネルで位置をきちんとしてそしてプロパティでx 座標を変えてしまいます。205 と。こちらは大丈夫ですね、動いてませんね。さてこれでプレビューします。特に問題なさそうですね。少しだけスクリプトを書き換えましょう。ほんの少しです。ではインスタンスをダブルクリックしてまた編集状態でアクションパネルを出し、移動するピクセル数を5 から 6 に変更します。アクションパネルを閉じてメインタイムライン、そして「プレビュー」を押します。移動するピクセル数を変えただけなんですが、何かおかしいことに気づかれたでしょうか。間隔が広がっていますね。 こういうことが起きてしまうんです。では先ほどのスクリプトに戻りましょう。またダブルクリックをしてPen のシンボルを開けて右クリックでアクションパネルを広げ、この移動ピクセル数は6 のまま_width をコピーして0 の代わりにペーストします。そして差し引くんでしたよね。ですからマイナスイコール(-=)ということでアクションパネルは閉じメインタイムラインに戻って、プレビューを見てみましょう。今度は間隔が空きません。なぜこんなことが起こったかというと、5px なり 6px ずつ動くということはこれがどんどん動いていってステージの幅を超えました。超え方はバリエーションがありますね。今 240 ちょうどぴったりなんですけれど241 で超えることもあります。そして 5px ずつ動くんですから245 で超えるということもあり得るわけですね。どっちで超えても0 に持ってくると、複数並べた場合、245 を超えて左に行く人と241 で左に行く人は241 の人は得してますね。ちょっとしか出ていないのに左に行けてしまったということでこの場合には間隔が狭まってしまうわけですし、逆に後の人が損をすれば間隔が空いてしまうということになるわけです。 そうならないためには0 にするのではなくてみんな同じ数を差し引いてあげるというふうにすれば、間隔が変わらないということです。このレッスンでは、複数のインスタンスを並べて動かす場合の注意について申し上げました。

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。