Flash Professional CC 2015 基本講座

else ifステートメント

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
条件判定を複数加えるelse ifステートメントの構文と使い方をご説明します。
講師:
03:54

字幕

このレッスンでは条件を定めてその条件に当てはまらない場合にさらに絞り込んで処理を行うelse if というステートメントについて説明します。まず Flash Professional で開いているこのインスタンスはスクロールするように設定されています。メインタイムラインにはスクリプトがありませんけれどもこのシンボルの中にスクリプトがあります。インスタンスをダブルクリックしてシンボルの中に入りましょう。シンボルは pen という名前です。レイヤー scripts というところにスクリプトがあるんですがまずは動きを確認してしまいましょう。「制御」 >「プレビュー」 です。そうすると、右にスクロールして右端を越えると、左端から改めて登場します。このマウスポインタの位置によって動く方向が変わるようになっています。中央から右にあると、右に進み左に持って行くと、左に進みます。ただ、左に進んだ時端を越えても反対側から出てきません。行ったきりになります。これを、ちゃんと左端を越えたら右端から出てくるというふうに処理を書き換えたいと思います。では、スクリプトを確認しましょう。scripts のレイヤーのスクリプトが書かれているフレームを選んで「アクション」パネルを開きます。 EVENT.ENTER_FLAME にリスナー関数が定義されていてその中でマウスポインタ、ステージから見たマウスポインタの x 座標が_width というのはステージ幅が変数に入っています。その半分、つまり中央ですね。中央よりも右だったらプラスの方向、つまり右方向に進みますしそうでなければ else ですね。そうでなければ左方向、マイナスしていますので、左方向に進みます。そして幅を越えたらということは右端を越えたらですね。右端を越えたら幅を差し引いて、左端に持って行ってます。ですから、この後に続けたいわけですね。そこで、まずは else と置きましょう。そうすると、右端を越えたら反対側に、左端に行くんですけども右端を越えていなかったら全部処理しちゃいます。今回やりたいのは、左端を越えた場合ですね。右端を越えなかったら、でも、左端を越えたら条件を付け加えたい。こういうときに else if としてこの if の中には条件が加えられます。この条件というのはこの if 条件とちょっと似てますね。if 条件が幅よりも大きくなったら今度は逆に x 座標が左端 0 より小さくなったらですねそうしたら処理をちょうど正反対になるわけですけどもこれをコピーしてしまいましょう。 コピーをしてペーストします。左端を越えたら幅を足しこむ必要がありますので-= を += に書き換えます。これで確認してみましょう。「制御」 >「プレビュー」 です。右端を越えると、左端から出てきます。今度は、じゃあ左端に持って行って左端を越えると、ちゃんと右から出てきますね。これで、どちらにスクロールしてもステージからはみ出た場合反対側から登場するという処理になりました。このレッスンでは、条件を定めてその条件に当てはまらない場合さらに条件を絞ってスクリプトを実行するというためのelse if というステートメントをご紹介しました。

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。