C++11, 14の新機能

静的アサート

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、コンパイル時にアサートを行う方法を説明します。
講師:
02:53

字幕

このセクションでは、コンパイル時にアサートを行う方法について説明します。C++11 では、コンパイル時にアサートを行う方法が新たに追加されました。static_assert と書き、第一引数に条件を第二引数にエラーが起きた際のコンパイラが表示する文字列を記述します。実際に1==2 という条件を与えて、コンパイルしてみます。この通り、static_assert が失敗したため、エラーになりました。ここで条件を正しくすると、コンパイルエラーは起きなくなります。static_assert は主に、テンプレートクラスやテンプレート関数で 与えられたテンプレートパラメータに対してなんらかの条件をつけたい場合に重宝します。ここでは テンプレート関数f を 定義し、この f に与えられた型がサイズが 4 以上であることをアサートしてみます。メイン関数の中で、一般的にサイズが8 程度である実数の型を与えます。またもう1つ、一般的にサイズが 1 であるブール値を与えてみます。これをコンパイルするとこの通り、T がブールの場合にサイズが 4 以上であることを満たさないため、エラーが発生します。同じく、C++11 で追加されたタイプトレースという型の特性を得る標準ライブラリと組み合わせると、より多彩な型に関する制約をつけることができます。 このレッスンでは、コンパイル時にアサートを行う方法について説明しました。

C++11, 14の新機能

C++11,とC++14では大幅に機能追加が行われ、これまでのC++よりも遥かに快適なプログラミングが行えるようになりました。このコースではC++03からC++11とC++14で新たに追加された言語機能や標準ライブラリについて簡単に紹介します。進化したC++を知ってより快適にプログラミングを行うために、ぜひともこのコースをご覧ください。

1時間57分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。