C++11, 14の新機能

[[deprecated]]属性

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、関数やクラスが非推奨であることを表明する方法を説明します。
講師:
03:05

字幕

このレッスンでは、関数やクラスが非推奨であることを表明する方法について説明します。非推奨であることを表明するには、デプリケーテッド属性というものを使います。ここでは例として、グローバル変数 g が非推奨であることを明示しています。実際にこの g を使うコードを書き、コンパイルしてみましょう。この通りデプリケーテッドが指定されたなんらかの要素を使ったプログラムは、コンパイル時に警告がでるようになります。デプリケーテッド属性には文字列リテラルを指定することもでき、これを指定した場合、この中の文字列がコンパイラによっては警告の出力に追加されるかもしれません。デプリケーテッド属性は、変数だけでなく関数にもつけられます。また、クラスに対してもつけられます。また、typedef に対してもつけられます。また、エイリアス宣言に対してもつけられます。また、クラスのデータメンバに対してもつけられます。また、列挙型にも使うことができます。デプリケーテッド属性を使うと例えば、ライブラリのバージョンアップを行って新機能が追加され、それにより過去の機能は一応互換性のために残しておくが使わないほうがいいということを示すのに便利です。 このレッスンでは、関数やクラスが非推奨であることを表明する方法について説明しました。

C++11, 14の新機能

C++11,とC++14では大幅に機能追加が行われ、これまでのC++よりも遥かに快適なプログラミングが行えるようになりました。このコースではC++03からC++11とC++14で新たに追加された言語機能や標準ライブラリについて簡単に紹介します。進化したC++を知ってより快適にプログラミングを行うために、ぜひともこのコースをご覧ください。

1時間57分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。