C++11, 14の新機能

可変長引数テンプレート

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、型安全に可変長引数を扱う方法について説明します。
講師:
03:42

字幕

このレッスンでは、型安全に可変長引数を扱う方法について説明します。C++11 では可変長引数テンプレートが入りました。これは、テンプレートパラメータを任意の数だけ受け取ることができる新機能です。このように記述することによって、クラス some では好きなだけテンプレートパラメータを受け取れるようになります。実際に、いくつか例を記述してコンパイルしてみます。コンパイルが通りました。可変長引数テンプレートを使うと任意の個数のテンプレートパラメータが受け取れることが分かったと思います。では、実際にこの可変長引数テンプレートを使い、任意の個数の引数を受け取り、受け取った引数をすべて足し合わせて返す関数を書いてみたいと思います。可変長引数テンプレートを扱うには、基本的に再帰を用います。ここで add 関数は、最初の1つだけ t で受け取り残りの引数を args で可変長引数テンプレートを使って受け取ります。そこで、最初の引数 t と残りの引数を使って再帰呼び出しを行い、この2つを足し合わせるようにします。また、呼び出しの最後になるとargs が残り1個になるので、引数を1つだけ受け取るオーバーロードも定義します。 ここで add の返り値は戻り値型の型推論を使っています。実際に、この add 関数にいくつか数値を与えてコンパイルしてみましょう。テンプレートなので、引数の型がすべて異なっても正しく処理されます。実際に、コンパイルして実行してみます。この通り、与えた引数がすべて足しあわされた結果が返ってきました。このレッスンでは、型安全に可変長引数を扱う方法について説明しました。

C++11, 14の新機能

C++11,とC++14では大幅に機能追加が行われ、これまでのC++よりも遥かに快適なプログラミングが行えるようになりました。このコースではC++03からC++11とC++14で新たに追加された言語機能や標準ライブラリについて簡単に紹介します。進化したC++を知ってより快適にプログラミングを行うために、ぜひともこのコースをご覧ください。

1時間57分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。