C++11, 14の新機能

新規コンテナ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、新しく追加されたコンテナライブラリについて説明します。
講師:
02:47

字幕

このレッスンでは、新しく追加されたコンテナライブラリについて説明します。まず、固定長配列を表すstd::array が追加されました。これは固定長配列をクラスとしてラップしたクラスで、例えば、要素数3つの配列を表す場合はこのようにテンプレートパラメータを指定します。基本的に配列と変わりませんが、クラスになったことでbegin 関数や end 関数など、他のコンテナと同じように扱えるようになりました。また、関数の引数や戻り値にすることもできるようになりました。基本的に固定長配列を扱う時は、std::array で置き換えた方が良いでしょう。次に、これまでも双方向リストはstd::list としてありましたが、今度は単方向リストとしてstd::forward_list が追加されました。これは基本的には list と同じですが、イテレータが双方向イテレータではなく、単方向イテレータになりました。要素を片方ずつしか辿らない時には、forward_list を使う方が良いでしょう。そして std::set、std::map がそれぞれハッシュに合ったバージョンのコンテナが追加されました。それぞれ unordered_set 、unordered_multiset 、また unordered_map 、unordered_multimap が追加されました。 これらはハッシュを使うようになりました。そのため、要素の検索がset 、 multiset 、map 、 multimap よりも速くなったことが期待できます。ただし、ハッシュを使う関係上、これまでの set 、 map にあった要素がソートされているという期待はできなくなりましたので、注意が必要です。このレッスンでは、新しく追加されたコンテナライブラリについて説明しました。

C++11, 14の新機能

C++11,とC++14では大幅に機能追加が行われ、これまでのC++よりも遥かに快適なプログラミングが行えるようになりました。このコースではC++03からC++11とC++14で新たに追加された言語機能や標準ライブラリについて簡単に紹介します。進化したC++を知ってより快適にプログラミングを行うために、ぜひともこのコースをご覧ください。

1時間57分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。