C++11, 14の新機能

タプル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、複数の値を手軽に扱う方法について説明します。
講師:
02:37

字幕

このレッスンでは、複数の値を手軽に扱う方法について説明します。C++11 では新たにstd::tuple クラスが追加されました。これは、テンプレートパラメーターとして任意の個数のパラメーターを受け取り、実際、その数だけ値を保持できるクラスです。std::pair を何要素でも扱えるように拡張した形と言えるでしょう。値を取り出すには、 tuple のオブジェクトに対してstd::get で、テンプレートパラメータにインデックスを指定し、tuple を渡します。また、 tuple を返す関数を作成する時などにstd::make_pair のようなstd::make_tuple という関数が用意されています。make_tuple を使うと、tuple オブジェクトの構築が簡単になります。また、値を取り出すには、std::get を使う他にも、予め tuple の各要素を受け取る変数を用意しておき、std::tie を使う方法があります。これは、参照の tuple を作成するヘルプ関数でこれに対して、右辺に tuple 型のオブジェクトを置くと、これが実行された後a b c には、ここでは 1 2 3 が順番に入っていることになります。 この tuple は、複数の値を返す tie がstd::pair よりも多く扱う必要があり、ただ構造体を新しく定義する程の事ではないという時に便利でしょう。このレッスンでは、複数の値を手軽に扱う方法について説明しました。

C++11, 14の新機能

C++11,とC++14では大幅に機能追加が行われ、これまでのC++よりも遥かに快適なプログラミングが行えるようになりました。このコースではC++03からC++11とC++14で新たに追加された言語機能や標準ライブラリについて簡単に紹介します。進化したC++を知ってより快適にプログラミングを行うために、ぜひともこのコースをご覧ください。

1時間57分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。