SwiftによるiOSアプリ開発基本講座

Model-View-ControllerをiOSで使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
現代のオブジェクト指向プログラミングにおいては、アプリ開発はMVCという考え方で捉えられます。MVCの考え方について説明し、iOSアプリ開発の流れと合わせて見ていきます。
講師:
03:04

字幕

このレッスンではMVCという考え方を紹介しiOSアプリとの関係について説明します。MVCは現代的なオブジェクト指向のプログラミングにおける考え方の1つでアプリケーション全体をModel Controller Viewという3つの大きな部分に分けて考えます。このModelとViewとControllerの3つの部分の頭文字を取ってMVCと呼ばれています。コンピュータが扱うのが得意なのは数値ですがその数値によってアプリケーション全体のデータを表している部分をModelと呼びます。そしてそのModelがいつどのように変更されるべきかということを表している仕事のロジックを書いている部分がControllerと呼ばれます。そして人間とのやり取りを行う見た目を司る部分がViewと呼ばれます。それでは次にXcodeの中にあるファイルとの対応について説明します。このようにXcodeの中では人間とのやり取りを行う部分をMain.storyboardというファイルの中に書いています。そしてそのstoryboardの部品が変更された場合などにどのように数値を変更していくのかということがViewController.swiftの中にSwiftのプログラムとして書かれます。 尚iOSアプリの中ではModelオブジェクトに関してはViewController.swiftの中に合わせて含められる事が多いので単独で独立したファイルに格納されることは少ないでしょう。それでは次にControllerとViewの部分に注目して実際のアプリケーションの動作を記述する方法を説明します。このようにMain.storyboardの中に書かれたアプリケーションの見た目がすべてそのままiPhoneの画面に表示されるようになっています。そしてこのiPhoneの画面においてボタンが押されたりスライダーが動かされた場合にはアクションというものが起こってViewController.swiftの中に書かれている対応している関数が呼ばれます。そしてこのアクションが起こったことによっていくつかの部品に対してテキストを設定したり内容を変更しなければいけないときにはこのアウトレットというものを使ってコードの中からユーザーインターフェースの部品を参照します。尚アクションを送るだけの部品もあればアクションを送ると同時に何かしらのフィードバックをアウトレットとしてもらうような部品もあります。もちろんアウトレットとして参照されるだけの部品も存在します。 iOSアプリの開発においてはこのMVCのVにあたるViewをデザインするところとそのViewが操作されたときにどのように数値を変更していくかというControllerの部分をプログラミングしていくことで開発を進めていきます。このレッスンではMVCという考え方を紹介しiOSアプリとの関係について説明しました。

SwiftによるiOSアプリ開発基本講座

このコースではiPhoneやiPadのアプリを作ってみたい方に向けて、簡単なiOSアプリを作りながらSwiftを使ったXcodeでの開発手順をひとつずつ丁寧に解説していきます。各レッスンではiOSのフレームワークの機能を確認しながら、アウトレットやアクション、MVCモデルやDelegateといったアプリ開発に必要な知識を説明します。

5時間10分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。