SwiftによるiOSアプリ開発基本講座

Storyboardを編集する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Storyboardを編集する基本的な手順を説明します。Storyboardを編集するときには、Main.storyboardを選択し、右端にあるインスペクタ領域とライブラリ領域を使って作業していきます。
講師:
05:14

字幕

このレッスンでは、ストーリーボードの編集方法を説明します。ストーリーボードを編集するには、まずナビゲーター領域でMain.storyboard を選択してください。ストーリーボードを選択した後は、エディタ領域を使います。なおナビゲーター領域が不要の場合には、右上にあるこのボタンからナビゲーター領域を消しておくことによって、エディタ領域を広く使うことができます。エディタ領域には、このドキュメントアウトラインと呼ばれる領域があります。この領域を使うことで、自分がどこの部分を編集するのかということをインターフェイスの部品に対して選択できます。ここではこの view を選択しておきましょう。こうして選択した view に対しては、右下の方にあるオブジェクトライブラリという場所から様々な部品をドラッグ&ドロップで追加することができます。それではいくつかの部品を追加してみましょう。例えばこの Segmented Controlというのをドラッグ&ドロップで追加すると、このように部品を配置できます。なお部品は上であるとか左であるとか、こういった所にちゃんとフィットするように配置した場合には、この点線のグリッド線が表示されます。 ですので、このように部品を丁寧に綺麗に配置したいという時には、このグリッド線に沿うように配置しましょう。部品と部品の間も、この点線に沿って配置することで綺麗に配置することができます。また、こうして部品を配置するときには下の方にあるView を配置してこれを使うことによって、部品をまとめて扱うことができるようになります。例えばここにですね、上の方のこのText Field を配置したりだとかButton を配置したりだとかSwitch を配置したりとこのようにした後に、これをもうまとめて扱ってるのがこの View ですからこの View をちょっと適切なサイズにこうやって変更して、これをドラッグ&ドロップでまとめて動かすことができると。このようにして部品を一つ一つ追加しても構いませんし、このようにまとめて部品を追加して、その View を移動させたり表示非表示を切り替えたりといったことができます。なおこのインターフェイスの部分では、この部品を追加するということの他に、この View Controller というのを使って画面を追加することもできます。この View Controller をドラッグ&ドロップすると、iPhone のための新しい画面がこのように新しく追加できます。 こうして複数の ViewController ができた時には、どの View Controller が一番最初に使われるのかということを指定してやる必要がありますので、この View Controller かあるいはこっちの View Controllerかということをまずこれを選択したうえで、この View Controllerというのをね、ここにアイコンがありますから、このアイコンで選択したうえでこのインスペクタの所を使いますと、ここにこれがInitial ViewController最初に使われるView Controller かどうかということをチェックする項目がありますので、この項目をチェックしてやることによってここからアプリケーションの動作が始まるということを指定できます。ここではこの View Controller が一番最初に読み込まれて使われる、ということにしておきましょう。なお今作業しているこのView Controller が四角になっていることに少し違和感を覚える人もいるんじゃないかと思います。通常 iPhone の画面は縦長になっていますので、なんでこれが縦長になっていないんだとそういうふうに思われると思うんですねで、実際にこのSimulated Metricsというのがこのインスペクタのところにありますので、この View に対して例えばこのサイズは 3.5 インチのiPhone に合わせてください とか、4 インチのものに合わせてください、4.7 インチのものに合わせてくださいというふうにこれを選択することによって、特定の iPhone の大きさに合わせた部品配置を行うことができるようになります。 ですが実際には扱う対象となる iPhone の数は、このように iPad であるとかiPhone 4s から5、5s、6plus、6 と様々な iPhone、iPad に対応しなければいけないので、ちょっとこれをですね、一個一個特定のサイズに切り替えて編集しているとあまり 自由が利きにくいということで、出来ればこれはもう Inferred と最初の設定になっているままこの四角の状態でデザインを行って、そして後で様々なサイズに合わせて微調整を行っていくというのが正しい手順だと思います。ですのでまずはこの四角いView に対して部品を追加していって、場所を決めるというのが基本の手順だと覚えてください。このレッスンでは、ストーリーボードの編集方法を説明しました。

SwiftによるiOSアプリ開発基本講座

このコースではiPhoneやiPadのアプリを作ってみたい方に向けて、簡単なiOSアプリを作りながらSwiftを使ったXcodeでの開発手順をひとつずつ丁寧に解説していきます。各レッスンではiOSのフレームワークの機能を確認しながら、アウトレットやアクション、MVCモデルやDelegateといったアプリ開発に必要な知識を説明します。

5時間10分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。