SwiftによるiOSアプリ開発基本講座

Storyboardについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Storyboardの概要と、その主な構成について説明します。
講師:
01:55

字幕

このレッスンではStoryboardの概要と主な構成について説明していきます。iOSのアプリ開発ではビューの移り変わりを示すためにStoryboardというファイルを使って作業します。Storyboardにはビューを追加しその移動のタイミングやビューごとの細かい設定を書いていくことができます。また単一のビューだけを表すときにはXIBと書いてジブファイルと呼ばれるファイルを使うこともあります。XIBファイルには1つのビューに関する設定だけを書いておくことができます。尚StoryboardとXIBファイルはテキストのXMLファイルとして管理されています。これらのファイルは編集時にはテキストの中身を見ることができますがビルド時にはバイナリのnibファイルにコンパイルされて使われます。さてStoryboardはアプリごとに1つずつ用意して使うようになっています。ですので最初から用意されているMain.storyboardというファイルをそのまま使って作業していきます。またStoryboardにはsceneとセグウェイを追加していくことで作業を行っていきます。それぞれのシーンに対応したビュー・コントローラを追加しながらそれぞれのビュー・コントローラを接続するセグウェイを用意していきます。 尚シーンが移動するときにはビュー・コントローラのコードが自動的に呼ばれます。ビュー・コントローラにはprepareForSegueというメソッドが用意されていますのでこのメソッドをオーバーライドすることで1つのビュー・コントローラから他のビュー・コントローラへとデータを受け渡す事ができます。このレッスンではStoryboardの概要と主な構成について説明しました。

SwiftによるiOSアプリ開発基本講座

このコースではiPhoneやiPadのアプリを作ってみたい方に向けて、簡単なiOSアプリを作りながらSwiftを使ったXcodeでの開発手順をひとつずつ丁寧に解説していきます。各レッスンではiOSのフレームワークの機能を確認しながら、アウトレットやアクション、MVCモデルやDelegateといったアプリ開発に必要な知識を説明します。

5時間10分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。