Word 2013 基本講座

既存の文書を開く、閉じる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書ファイルを開く・閉じる操作を解説します。既存の文書を閲覧・編集するには対象となるファイルを開いて作業し、目的の作業が済んだらファイルを閉じます。
05:05

字幕

このレッスンでは 文書ファイルを開く/閉じる操作を解説します 既存の文書を閲覧/編集するには 対象となるファイルを開いて作業し 目的の作業が済んだらファイルを 閉じます ではファイルを開く操作から見ていきましょう スタート画面左の 「他の文書を開く」をクリックします 「開く」の一覧から 「コンピューター」をクリックし 「参照」ボタンをクリックすると 「ファイルを開く」のダイアログボックスが 表示されますので ここで開くファイルの 保存してある場所を指定します 今回は「01」のフォルダに 保存されておりますので 「01」のフォルダを開いて ファイルの一覧から― これから使用するのは 「インテリアガイド」のファイルです ファイルをダブルクリックするか もしくはクリックで選択し 右下の「開く」をクリックします これで「インテリアガイド」のファイルを 開くことが出来ました ファイルを開いたら タイトルバーの 「インテリアガイド」と表示されている ファイル名にも注目しておきましょう またタスクバーのWord のボタンに マウスポインタをポイントすると― 開いているファイルの サムネイル表示を確認することが出来ます 続いてWord を終了しないで 文書を閉じる操作を見ていきましょう Word は引き続き活用する 開いているファイルのみを閉じたい― という場合には「ファイル」タブを活用します 「ファイル」タブをクリックし 左のメニューから「閉じる」をクリックします これでWord は起動したままで 開いているファイルのみを 閉じることが出来ました 続いて最近使った文書を すばやく開くという操作をご紹介しましょう 先程 使った「インテリアガイド」の ファイルを開きたいとイメージしてください 「ファイル」タブをクリックし 「開く」をクリックすると 最近使った文書の一覧が表示されます そこにさっき使った「インテリアガイド」 というファイルが表示されていますね では「インテリアガイド」をクリックして ファイルを開きます このようにすばやく開くことが出来ました では「最近使った文書」の一覧について もう少し見てみましょう 「ファイル」タブをクリックし 「開く」をクリックします 「最近使った文書」の一覧には 初期設定で25個まで ファイルを表示することが出来ます 表示するファイルの枚数を変更したい場合には 左のメニューの一番下 「オプション」をクリックし 表示されましたWord のオプションの ダイアログボックス 「詳細設定」をクリックします 表示グループの一番上 「最近使った文書の一覧に表示する文書の数」 というところが初期設定では25となっています こちらを0~50で指定することが可能です 必要に応じてこちらの数値を 変更すると良いでしょう では今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルします では続いて 複数のファイルを開いて 切り替えて確認する操作も見てみましょう 現在「インテリアガイド」のファイルが 開かれています ではここにもう1枚 別のファイルを開いてみます 「ファイル」タブをクリックし 「開く」をクリックします 「コンピューター」をクリックして 「参照」ボタンをクリックして 先ほどと同じ01のフォルダの中に 使用するファイルが保存されています 「オーダーフォーム」というファイルを 開いてみます ファイルを選択し「開く」をクリックします そうするとまた新たに「オーダーフォーム」 というファイルを開くことが出来ました 「インテリアガイド」を閉じた訳ではありません では「インテリアガイド」の ファイルはというと― タスクバーのボタンに注目すると良いでしょう タスクバーのボタンに マウスポインタをポイントすると 開いてあるファイルを サムネイル表示で確認出来ますので サムネイル上に マウスポインタをポイントすると このようにファイルを切り替えて 確認することが出来ます 「インテリアガイド」のサムネイルを クリックすると「インテリアガイド」に― 「オーダーフォーム」のサムネイルを クリックすると「オーダーフォーム」に― といった具合です このレッスンでは文書ファイルを 開く/閉じる操作について解説いたしました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。