Word 2013 基本講座

Word 2013 の画面構成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Word 2013 の画面の構成要素について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し、学習効率が向上します。このレッスンは重要です。
05:17

字幕

このレッスンでは Word の画面の 構成要素について解説します 各要素の正式名称や役割を知ることで 操作の理解度が増し学習効率が向上します 使用するファイルは インテリアフェアーのファイルです ファイルを開いてタイトルバーに インテリアフェアーと 表示された事を確認しておきましょう では これから Word の画面構成について 見ていきましょう 画面上部の細い横長の領域を タイトルバーと呼んでいます タイトルバーには 使用しているアプリケーションの名前と 開いてるファイルの名前が表示されます またタイトルバー右端には 閉じるボタンや 最小化ボタン等 ウィンドウを操作するボタンも 用意されています タイトルバーの左端には クイックアクセス ツールバーという領域が 用意されています このクイックアクセスツールバーという領域は 使用頻度の高いコマンドを実行するボタンを 配置する事が出来ます 続いて その下の少し幅広の 横長の領域に注目しましょう こちらはリボンと呼んでいます リボンはコマンドを実行するボタンが 機能ごとに分類され 各タブに用意されています 各タブ見出しをクリックすると リボンを切り替えて表示する事が出来ます 例えば 「挿入」タブには 文章内に何かを挿入する為のコマンドが 「デザイン」タブにはデザインを 変更設定する為のコマンドが用意されています 通常はホームタブを選択しておきましょう またタブは状況に合わせて 必要な場合にだけ表示される 特別なタブが用意されています 例えば今回の文章内 こちらの表を編集したいとイメージしましょう 表の中にクリックでカーソルを出します そうするとリボンに変化がありましたね? 表ツールというタブが登場します この様に状況に合わせて表示されるタブの事を コンテキストタブと呼んでいます 今表の中にカーソルがあるわけですから 表を編集しようとしていると word が認識し自動的に表示されます 表の編集が終わって カーソルを通常の文章内に戻すと コンテキストタブは 自動的に非表示となります またタブは各グループで構成されています 例えばホームタブだったら クリップボード グループ フォント グループ 段落グループ といった様なもので構成されていますね 各グループには コマンドを実行するボタン以外に 更に右下に小さいボタンが用意されています このボタンはダイアログボックス起動ツール というボタンで ボタンをクリックすると 各グループごとの詳細設定を行う為の ダイアログボックスが表示されます 今回確認だけですので キャンセルボタンをクリックして キャンセルしましょう またリボンは折りたたんで 表示する事が出来ます リボン右下のリボンを折りたたむ というボタンをクリックすると リボンを折りたたんで 編集領域を広くして使う事が出来ます リボンを折りたたんだ場合には 各タブ見出しをクリックすると 該当するタブが表示されます 通常の状態の固定状態に戻したい時には 先程折りたたんだボタンが 固定ボタンに変化していますので こちらのリボンの固定ボタンを クリックすると リボンを通常の様に固定する事が出来ます 更にタブの中で色が着いたファイルタブ について 見ていきましょう ファイルタブをクリックすると ファイルに関する情報画面と それからファイルを操作する為の コマンドの一覧が表示されます こちらの画面の事を バックステージビューと呼んでいます バックステージビューを閉じて 通常の画面に戻るには バックステージビュー左上の 左向き矢印をクリックしましょう これで通常の画面に戻る事が出来ました 続いてその他のインターファイスも 見ていきましょう 画面の大部分を占める 実際に文章を作成する為のウィンドウの事を 文章ウィンドウと呼んでいます 文章ウィンドウの右には 画面の見えていない部分を表示する時に使う スクロールバーが用意されています 縦長の文章の場合には この様に垂直スクロールバーが表示され 横長の文章を作成している時には 画面の下の方に 水平スクロールバーというのも登場します では最後に画面一番下に表示されております 青い細長の領域に注目しましょう こちらはステータスバーです ステータスバーには 作業中の文章情報が表示されます 更にステータスバーの右には ズームスライダーが用意されておりますので 画面の拡大縮小なども実行する事が出来ます このレッスンでは word の 画面の構成について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。