Word 2013 基本講座

文書を印刷する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書の印刷について解説します。印刷を実行する前にプレビュー画面で印刷イメージを確認することができます。印刷オプションを設定してさまざまな形式で印刷を実行することも可能です。
06:42

字幕

このレッスンでは 文書の印刷について解説します 印刷を実行する前にプレビュー画面で 印刷イメージを確認することができます 印刷オプションを設定して 様々な形式で 印刷を実行することも可能です 使用するのは interior guide のファイルです 先ず 印刷イメージを確認する操作を 見ていきましょう 作成した文書は印刷を実行する前に 印刷プレビュー画面で印刷イメージを 確認することができます 印刷イメージを確認することで 印刷ミスを事前に防げます では 印刷イメージを確認しましょう 「ファイル」タブをクリックします 「印刷」をクリックします バックステージビューの右には 印刷プレビュー画面が 左には 印刷の設定項目が表示されます ではプレビュー画面で 印刷イメージを確認しましょう 印刷プレビューの下には ページ切り替えの ナビゲーションが用意されています 今回のように複数ページで 構成されている文書の場合は 「次のページ」ボタンや 「前のページ」ボタンをクリックして 文書全体の様子も確認しましょう また 右にはズームスライダが 用意されているので 拡大ボタンをクリックして 文書の細かい所をチェックしたり 縮小ボタンをクリックして 文書全体のレイアウトのバランスを 確認することもできます この時 右端の「ページに合わせる」という ボタンをクリックすると 自動的に倍率が調整されるので 便利です プレビューを確認した後 手直しが必要となった場合は バックステージビューを閉じ 編集画面に戻ります バックステージビューを閉じるには 左上の左向き矢印をクリックします 編集画面に戻って編集が完了したら 再度「ファイル」タブをクリックし 「印刷」をクリックして 印刷プレビューで編集結果を確認します 続いて 印刷のオプション設定について 見ていきましょう 印刷を実行する前に 接続されているプリンタを確認したり 印刷するページ数や部数を設定したりします 部数の指定はスピンボックスの 上向き三角や下向き三角を使ったり テキストボックス内に直接数値を タイプしたりして指定しましょう 使用するプリンタの選択は 右にある下向き三角をクリックすると ドロップダウンでリストが表示されるので その中で使用するプリンタをクリックします その他のオプションについても いくつか見てみましょう 現在「すべてのページを印刷」となっている こちらのオプションはー 印刷する範囲を指定するオプションです 初期設定では文書内の 全てのページが印刷されますが 右にある下向き三角をクリックすると 印刷する範囲を指定することができます 例えば「選択した部分・・・」 こちらは現在グレーアウトしていますが 編集画面上で特定の範囲が選択されていると 部分印刷が可能です 「現在のページを印刷」を選択すると 現在プレビュー上に表示されている ページのみを印刷することができます 「ユーザー指定の範囲」を選択すると 特定のページのみを印刷することができます 「ユーザー指定の範囲」の使い方について 確認してみますので 「ユーザー指定の範囲」をクリックします するとすぐ下のテキストボックスに カーソルが点滅し 数字で印刷するページを指定できます 例えば7と入力すると 7ページ目のみが印刷できます 「 1-5 」と入力すると1ページ目から 5ページ目までを印刷できます 「 1,5,7 」と入力すると1ページ目と 5ページ目と7ページ目を印刷できます このようにページ指定をして 印刷する時には注意が必要です 今回のように表紙を設定してある文書の場合 表紙のページには 通常ページ番号をつけません そこで このような表示を設定しているページでは 先頭ページの表紙のページは ゼロページと認識しています よって表紙のページのみを印刷する時には ページ番号は「 0 」と 指定するようにしましょう また これ以降のページについても ページ番号の表示に従って 2枚目は「 1 」 3枚目は「 2 」と指定するようにします このようなことに気をつけましょう 今回は全てのページを印刷するので 「すべてのページを印刷」を選択します また 現在「部単位で印刷」と 表示されているー こちらのオプションも便利です 下向き三角をクリックすると 「ページ単位で印刷」に切り替えられますね これは印刷する順番を指定する オプションです 印刷を実行した後印刷した書類を どのように扱うかによって 「部単位で印刷」か「ページ単位で印刷」かを 選択すると良いでしょう 今回は「部単位で印刷」を指定します また 一番下の現在「1ページ」と 表示されているオプションは 拡大・縮小印刷が可能なオプションです 下向き三角をクリックすると 用紙1枚に何ページ分を印刷するか という オプションが出てきました 1枚に2ページ分を印刷したり 4ページ分を印刷したり縮小印刷ができます 1番下の「用紙サイズの指定」に マウスポインタをポイントすると サブメニューが表示されました 今回のようにA4で作成した用紙を B5に縮小印刷したいという場合 ここで「B5」という項目を指定しておくと 実際にB5に縮小されて印刷が可能です これは便利ですね 今回は倍率指定なしで印刷するので 「倍率指定なし」を選択しておきましょう このように豊富なオプション設定が 用意されているので 必要に応じて活用しましょう 続いて 印刷を実行する操作です 印刷を実行するには 設定画面上部の 「印刷」ボタンをクリックします では「印刷」ボタンをクリックして 印刷を実行しましょう 印刷を実行すると 自動的にバックステージビューが閉じられ 編集画面に戻ります これで印刷は完了です このレッスンでは 文書を印刷する 操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。