Word 2013 基本講座

改ページを挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
改ページの挿入について解説します。改ページを挿入すると任意の位置でページを区切ることができます。
03:29

字幕

このレッスンでは 改ページの挿入について解説します 改ページを挿入することで 任意の位置でページを区切ることができます 使用するファイルは INTERIOR GUIDE 1 のファイルです ファイルを開いたら 現在の文書の構成を確認しましょう ステータスバーを見ると 「 1/4 ページ」と表示されていますので― この文書が4ページで 構成されていることが分かります 画面をスクロールして 現在の様子を確認しましょう 1ページ目 2ページ目 3ページ目と インテリア情報が入力されています 最後のページは参考資料のページです これから この文書を使って 改ページを挿入する操作から見ていきましょう 改ページを挿入するのは 先頭のページですのでー 1ページ目を表示しましょう 作業中のページに文字が収まらなくなると 自動的に新規ページが始まります 任意の位置で改ページをしたい場合には ページ区切りを挿入します 1ページ目の途中に 「エントランス」の内容が入り込んでいます 今回は「エントランス」の見出し以降が 2ページ目になるように改ページしましょう 改ページを挿入する位置をクリックして カーソルを表示させます カーソルの位置は 1ページ目の 16 行目です ステータスバーで行数を確認できますので チェックしましょう カーソルを移動したら 使うのは「ページレイアウト」タブです 「ページレイアウト」タブをクリックしー 「ページ設定」グループの 「区切り」ボタンをクリックします 「ページ区切り」の 「改ページ」をクリックします これで改ページを挿入できました 「エントランス」以降が 2ページ目になりました カーソルのあった位置には 改ページが挿入されています 改ページの編集記号が表示されていない場合は 編集記号を表示しておきましょう 編集記号の表示 / 非表示は 「ホーム」タブの― 「段落」グループの 右上のボタンで行います こちらのボタンを活用することで 画面上に編集記号を出したり消したりできます 続いて 改ページを解除する操作を 見ていきましょう 改ページを解除するには― 表示された編集記号の 「改ページ」を選択します 「改ページ」を選択するには 「改ページ」の左余白にー マウスポインタ―をポイントし クリックすると良いでしょう 選択できたら キーボードの Del キーをタイプします これで 改ページの解除ができました もう一度 改ページを挿入します ここでショートカットキーを紹介します 改ページを挿入するショートカットキーは Ctrl + Enter です では 先ほどと同じ位置に カーソルがあることを確認して― Ctrl を押さえて Enter キーを押します これで 先ほどの 「区切り」ボタンから挿入したのと同じくー 改ページの挿入ができました 便利ですね 改ページを頻繁に活用する方は 是非― Ctrl + Enter で改ページが出来ることを 覚えておくと良いでしょう この様に改ページを挿入することで 後から文書の内容をー 少々追加しても 削除しても レイアウトは崩れません このレッスンでは 任意の位置でページを区切る― 改ページの挿入について 解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。