Word 2013 基本講座

セクション区切りを挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セクション区切りの挿入について解説します。セクション区切りを挿入することでセクションごとにページレイアウトの変更が可能です。
05:35

字幕

このレッスンでは セクション区切りの挿入について解説します セクション区切りを挿入することで― セクションごとに ページレイアウトの変更が可能です 使用するファイルは INTERIOR GUIDE 1-2 のファイルです こちらのファイルを使って― セクション区切りの挿入について 見ていきましょう 操作の目的を確認します 現在は5ページで構成される文書になりました これから 行いたい操作は レイアウトの変更です 和室のページが表示されている 4ページ目 こちらの情報のみを縦書きに変更したいと イメージしてください 文字方向の変更は「ページレイアウト」タブの 「文字列の方向」ボタンで行えます しかし 現在の状態のままで 文字列の方向を変更してしまうと― 文書全体が縦書きに変わってしまいます Word では 新規で作成した文書は 1つのセクションで構成されているからです 1つのセクション内では違うレイアウトを 活用することはできません そこで セクション区切りを挿入することで― 特定のセクションだけレイアウトを変更できる というわけです では 今回は和室のページだけ レイアウトの変更をしますので― 和室の情報の上と― 情報の下に セクション区切りを挿入します まず 上の情報から区切りましょう 「和室」の見出しが挿入されている所に カーソルを移動します 3ページ 19 行目です 「ページレイアウト」タブの 「区切り」ボタンをクリックします 「セクション区切り」の 「次のページから開始」をクリックします カーソルのあった位置に セクション区切りが入りました これで セクション区切り以降と 以前の文書を区切ることができます 続いて 和室の情報が終わった 「参考資料」の先頭にも― セクション区切りを挿入します こちらにセクション区切りを 挿入することで― セクション区切りの前後の文書で レイアウトを分けることができます では 「参考資料」の先頭に カーソルがあることを確認して― 「ページレイアウト」タブの 「区切り」ボタンをクリックし― 「次のページから開始」をクリックします これでセクションを区切ることができました これで セクションが3つに分かれました その様子を確認しておきましょう ステータスバーにセクション情報を 出しておくと良いでしょう ステータスバーを右クリックします 「セクション」をクリックします すると ステータスバーの左端に セクション情報が出ました 現在 カーソルのある位置が 何セクション目かを確認できます セクション区切りを挿入したよりも 以前にカーソルを出すと― 「セクション : 1 」と表示されます 最初のセクション区切り以降に カーソルを移動すると― 「セクション : 2 」と表示されます そして 2つ目のセクション区切り以降に カーソルを移動すると― 「セクション : 3 」と表示されました この文書が3つのセクションで 構成されたというわけです この様に セクションを区切っておいて― 独立したセクションだけを これから縦書きに変更します では 2セクション目に カーソルを移動させましょう カーソルを移動し「セクション : 2 」と ステータスバーに表示されたら― 「ページレイアウト」タブの 「文字列の方向」ボタンをクリックし― 「縦書き」をクリックします これで 目的のページだけを 縦書きに変更できました この様に セクション区切りを挿入することで― 特定のページのみの レイアウトを変更できます ちなみに 和室のページの画像が 文字に被っています 画像はマウスでドラッグすると 移動することができますし― サイズ調整ハンドルをドラッグすることで サイズを大きくしたり― 小さくしたりできるので 適当な大きさに整えておきましょう 今回の様にセクション区切りを 挿入していて― もし 文書全体のレイアウトを 一度に変更したい場合ー 先ほどの方法では 独立したセクションのみしか― レイアウトが変更されません よって 文書全体のレイアウトを 変更する場合には― 「ページ設定」グループの ダイアログ起動ツールをクリックし― ダイアログボックスを使って 設定を行います レイアウトの設定を行った後― 画面下の「設定対象」 > 「このセクション」となっている所の― 下向き三角をクリックし 「文書全体」を選択することで― 文書全体に対して レイアウトを変更することも可能です 今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして― キャンセルしておきましょう このレッスンでは 改ページを挿入する操作― セクション区切りを挿入し 特定のページのレイアウトを― 変更する操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。