Word 2013 基本講座

段組みを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
段組みの設定について解説します。段組みとは文書を複数の段に区切ってレイアウトすることです。段組みは新聞や書籍など文字量が多い文書に適するレイアウトです。
04:24

字幕

このレッスンでは 段組みの設定について解説します 段組みとは文書を複数の段に区切って レイアウトすることです 段組みは新聞や書籍など 文字量が多い文書に適するレイアウトです 使用するファイルは INTERIOR GUIDE 2 のファイルです この文書を使って 段組みの設定について見ていきましょう 段組みはセクションごとに設定できる 書式設定ですが― あらかじめ セクション区切りを 挿入しておく必要はありません 段組みを設定すると自動的に セクション区切りが挿入されます 今回は「はじめに」の内容を 2段組みに設定しましょう 段組みを設定する範囲を指定します 2行目から 13 行目までを 選択するので― 2行目の行の先頭に マウスポインターをポイントし― 右向きの白い矢印になったら 垂直に下に向かってドラッグします 範囲選択が済んだら 段組みの設定は 「ページレイアウト」タブを活用するので― 「ページレイアウト」タブをクリックします 「ページ設定」グループの 「段組み」ボタンをクリックします 現在は1段になっています 2段組みに設定するので 「2段」をクリックします これで 段組みの設定ができました 段組みを設定すると 自動的に 前後にセクション区切りが挿入されます このセクション区切りがあることで 2段組みのレイアウトを保つことができます 段組みを解除する操作も見ておきましょう 段組みを解除するには― 段組みを設定したセクション内に カーソルを出し― 「段組み」ボタンをクリックします 「1段」をクリックします これで段組みそのものは解除されましたが セクション区切りは自動的には削除されません そこで 段組みを解除した後 セクション区切りを削除するには― 「セクション区切り」編集記号の 先頭にクリックでカーソルを出し― キーボードの Delete キーを タイプすると 削除できます 同じ様にして 下のセクション区切りも削除できます 「セクション区切り」の先頭に クリックでカーソルを出し― Delete キーを押します これで 段組みを解除できました では もう一度先ほどと同じ範囲を 段組みに設定しましょう 範囲選択ができたら 「段組み」ボタンをクリックし― 「2段」をクリックします これで段組みを設定できました 段組みの設定はできましたが 2段目の開始位置が適切とは言えません これでは見やすいとは言えませんので 2段目の開始位置を調整しましょう 2段目の開始位置を調整するには 段区切りを挿入します 今回は1段目の下の所の 「新しいライフスタイル~」の所から― 段区切りをして 2段目に移動しましょう 段区切りを挿入する位置に カーソルを出します 「新しいライフスタイル~」の先頭を クリックしてカーソルを移動しましょう 使うのは「区切り」ボタンです 「ページ設定」グループの 「区切り」ボタンをクリックし― 上から2つ目の 「段区切り」をクリックします これで見やすい文書になりました カーソルのあった位置には 段区切りが挿入されているのが分かります この様に Word では 文書を 複数の段に区切ってレイアウトできます 「段組み」ボタンについて もう少し見てみましょう 「段組み」ボタンをクリックします 「2段」以外にも「3段」や 「1段目を狭く」― 「2段目を狭く」という設定の他に 「段組みの詳細設定」の項目もあります では 見てみますので 「段組みの詳細設定」をクリックします すると 更に細かい設定を行うための ダイアログボックスが表示されますので― ここで段数を数値で指定したり 境界線を引くことも可能です 今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして― キャンセルします このレッスンでは 段組みを設定する操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。