Word 2013 基本講座

入力を支援する機能について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文章の入力中に自動的に書式が設定される入力オートフォーマットや、ビジネス文書でよく使うあいさつ文や定型文の挿入など、入力を支援する機能について解説します。
03:51

字幕

このレッスンでは― 文章の入力中に自動的に書式が設定される 入力オートフォーマットや― ビジネス文書でよく使う あいさつ文や定型文の挿入など― 入力を支援する機能について解説します 使用するファイルは 「 auto format 」のファイルです ビジネス文書が作成途中になっています 発信日 受信者 発信元― そして 表題が入力されています これから 入力支援機能を使って 本文の入力をはじめましょう 本文を入力する 10 行目に カーソルを移動し― 頭語である「拝啓」と入力します 頭語の「拝啓」を入力し Enter キーを押すと― 拝啓に対応する結語である 「敬具」という文字が― 自動的に右揃えで表示されました そして 「拝啓」と「敬具」の間には 新しい段落が出来上がっています これは 入力オートフォーマットに よるものです 入力オートフォーマットは 文字の入力時に自動的に処理が実行される― 入力を支援する機能の1つです この機能の設定はオプションの ダイアログボックスで変更できます では 見てみましょう 「ファイル」タブをクリックし 「オプション」をクリックします 「 Word のオプション」の ダイアログボックスが表示されました 「メニュー」の中から 「文章校正」をクリックします 「オートコレクトのオプション」ボタンを クリックします 「オートコレクト」の ダイアログボックスが表示されたら― 「入力オートフォーマット」タブを クリックします ここで 様々な入力オートフォーマットの 有効 / 無効を切り替えることができます 例えば 先ほど使用した 頭語に対する結語を挿入する機能を― 使わないのであれば チェックボックスを オフにしておくと良いでしょう 今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして― キャンセルします 「 Word のオプション」の ダイアログボックスも― 「キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルしましょう 続いて あいさつ文の挿入操作を 見ていきましょう ビジネス文書でよく使う 季節のあいさつ文を自動挿入できます 「拝啓」と「敬具」の間の段落に カーソルがあることを確認しましょう あいさつ文は カーソルのある位置に挿入されます あいさつ文を挿入するには 「挿入」タブをクリックします 「挨拶文」のボタンをクリックします 「あいさつ文の挿入」をクリックします すると 「あいさつ文」の ダイアログボックスが表示されました 今回は 11 月発信の文書ですので― 月は 11 月を選択しましょう すると リストボックスの中に 11 月に適するあいさつの用語が出てきます ここで 任意のものをクリックで選択します 続いて 「安否のあいさつ」も 任意のものを選択しましょう クリックしたものが選択されます 続いて「感謝のあいさつ」も同じ様に お好きなものを選択してください 「季節のあいさつ」「安否のあいさつ」 「感謝のあいさつ」と選択できたら― 「 OK 」ボタンをクリックします これでカーソルのある位置に あいさつ文を挿入できました 「挨拶文」のボタンには 「あいさつ文」以外に― 「起こし言葉」や「結び言葉」を 挿入するためのコマンドも用意されています 例えば 「結び言葉」の コマンドをクリックすると― 「結び言葉」のダイアログボックスが 表示されますので― 結び言葉に適する定型文を 挿入することもできます 今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして― キャンセルしましょう このレッスンでは 入力を支援する機能について― 入力オートフォーマットと あいさつ文の挿入について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。