Word 2013 基本講座

文字列を均等に割り付ける

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字列の均等割り付けについて解説します。均等割り付けとは文字間隔を調整し文字列を同じ幅に揃えることです。箇条書きの項目名などに適用することでレイアウトを体裁よく整えることができます。
04:53

字幕

このレッスンでは 文字列の 均等割り付けについて解説します 均等割り付けとは文字間隔を調整し 文字列を同じ幅に揃えることです 箇条書きの項目名などに適用することで レイアウトを体裁よく整える事ができます 使用するのは interior fair3 のファイルです この文書を使って文字列を 均等割り付けする操作を見ていきましょう では 使うボタンの確認です 均等割り付けは段落グループの 下の段の中央にある「均等割り付け」というー ボタンを活用します 文字単位の割り付けも 段落単位の割り付けも この「均等割り付け」ボタンを 使っての操作です 操作の対象は箇条書きの項目名となるので 画面の下にスクロールして 箇条書きの項目が見えるようにします 現在の箇条書きの項目名は日時・場所・ 問い合わせ先と長さが揃っていません よって美しいレイアウトとは言えませんね ここで均等割り付けをして レイアウトを綺麗に整えていきましょう まず 「日時」の文字を選択します では 今回は4文字分揃えてみましょう 範囲選択をしたら 「均等割り付け」ボタンをクリックします 現在は「2字」となっているので これを今回揃える4文字分として スピンボックスで「4字」と調整します 「4字」となったら 「 OK 」ボタンをクリックしましょう これで4文字分に広げる事ができました 均等割り付けを設定した文字内に カーソルを出すと 水色の下線が引かれます これは「均等割り付けしています」という サインです 印刷にはうつりません 続いて「場所」と「問い合わせ」は 一度にやってみましょう 複数の離れた範囲を選択する際には 1箇所目は普通にドラッグし キーボードの Ctrl キーを押さえたまま ドラッグすると 離れた所を複数選択する事ができます 場所と問い合わせ先も 4文字分に均等割り付けするので 「均等割り付け」ボタンをクリックします 「4字」となっていることを確認し 「 OK 」ボタンをクリックします これで綺麗にレイアウトをとる事ができました 続いて解除方法です 均等割り付けを解除する際には 均等割り付けを行った文字内に カーソルを移動します 「均等割り付け」ボタンをクリックします 「均等割り付け」ダイアログボックスの 左にある「解除」ボタンをクリックします これで解除です また 今回のように2文字のものを 4文字に設定するのなら 文字の間にカーソルを移動し ここにキーボードから スペースキーを使って空白を2つ入れても 印刷結果は同じになります 今回は折角ですから 均等割り付け機能を使用しておきましょう 入れた空白は Backspace キーを使って 消しておきます では もう一度「日時」を選択し 「均等割り付け」ボタンをクリックします 「4字」となっていることを確認し 「 OK 」ボタンをクリックします これで均等割り付けを実行できました もう一つ均等割り付けを実行する 箇所があるので 上の方にスクロールしてください 発信元の情報を均等割り付けを使って 揃えておきましょう 上の会社名が12文字です 下は11文字で入力されています では 下の文字列を12文字分に 広げてみましょう この時 範囲選択に注意があります 文字単位で均等割り付けをする時には しっかりと文字だけを選択しましょう この時 段落記号まで含めて選択してしまうと 段落全体に均等割り付けされてしまいます 見ておきましょうか 例えば 行単位で選択すると 段落記号が含まれています このまま「均等割り付け」ボタンを クリックすると 段落全体に均等割り付けされました 今回の目的とは違うので 「元に戻す」ボタンをクリックして 戻しておきましょう このような結果となるので 文字単位で均等割り付けする時には 段落記号を含めずに 文字をしっかり選びましょう 特に 段落記号の近くの文字を 均等割り付けするときには 注意が必要です 範囲選択ができたら 「均等割り付け」ボタンをクリックします では 現在11文字ですが 12文字に設定します スピンボックスを使って スピンしていっても良いのですが 12というのは大変なので ボックス内に直接キーボードから 12 と入力して設定することもできます 12 と設定したら 「 OK 」ボタンをクリックしましょう これで12文字に均等割り付けでき 美しいレイアウトをとることができました このレッスンでは文字列を 均等割り付けする操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。