Word 2013 基本講座

段落書式について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字の配置や行間の変更など、段落を対象として設定する段落書式に関する「基礎知識」を学習します。専門用語を知ることで操作の理解度が増し、学習効率が向上します。
05:34

字幕

このレッスンでは文字の配置や行間の変更など 段落を対象として設定する 段落書式に関する基礎知識を学習します 専門用語を知ることで操作の理解度が増し 学習効率がより向上するでしょう 使用するのはパラグラフのファイルです ではこのサンプル文章を使って 段落書式の設定時に必要な知識と 使用するツールについて見ていきましょう まずは段落とは何か? 段落はEnterキーを押すと作成されます そのEnterキーを押した位置には 段落記号という記号が表示されます この記号は編集記号のひとつで段落の 区切りを意味します 印刷には写りません 段落記号から次の段落記号までを 1段落と言います よってこちらの様に短い段落もあれば その下の様に3行に渡るような 長い段落も存在します これから紹介する段落書式は この段落単位で行われる書式設定です では段落書式を設定するときに 使用するツールを確認しておきましょう 「ホーム」タブの段落グループの 各ボタンを使って段落書式が設定できます また詳細設定を行うには段落グループの ダイアログ起動ツールをクリックし 段落のダイアログボックスを使って 設定することができます 今回は確認だけですのでダイアログボックスは 「キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルしておきましょう またリボンのすぐ下に表示されます 「ルーラー」こちらを使って 段落単位で文字を入力する幅を制御する インデントを設定することもできます ルーラーは初期設定では表示されて いませんので表示されていない場合は 「表示」タブをクリックし表示グループの 「ルーラー」にチェックを付けましょう これで画面上にルーラーを 表示することができます ではタブは 「ホーム」タブに戻っておきましょう 「ホーム」タブをクリックします また段落書式も文字書式と同様に 文章ウィンドウの右に 書式の詳細作業ウィンドウを表示し文章内に 設定されている段落書式を 確認することができます では書式の詳細作業ウィンドウを 表示してみましょう キーボードを使って表示することができます キーボードのShiftキーを押さえたまま F1キーをタイプします すると書式の 詳細作業ウィンドウが表示されましたね 書式の詳細作業ウィンドウには選択した位置の 文字書式や段落書式を確認することができます フォントの項目に表示されるのが文字書式で 少し下の段落の項目に表示されるのが 段落書式です また項目は折りたたんで 表示することができます 例えばフォントを折りたたむ場合には フォントの先頭にあります 三角をクリックすると このように折りたたむことができます 折りたたんだ後展開するには三角の印を もう一度クリックすると展開です ではフォントは折りたたんで 表示しておきましょう 段落の項目には現在カーソルがある位置の 段落書式を確認することができます 例えばHALLの段落に 今カーソルが ありますので この位置では配置が中央ですよ インデントは特に設定されていません 間隔は行間1.5になっています といったような書式の詳細を 確認することができるわけです またこの書式の詳細作業ウィンドウでは 確認だけではなく設定変更が可能です 例えば今段落に網がかかっています 網がけは模様はありませんが 赤色になっていますよね ここで「網かけ」 という項目にマウスポインタをポイントすると 指さしマークになります クリックすることで 線種とページ罫線と網かけの設定の ボックスを出し 網掛けの種類などを変更することもできます 今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルしておきましょう このように書式の詳細作業ウィンドウでは 確認だけではなく設定されている書式を 変更することもできます では最後にHALLの内容を使って段落内で 強制的に改行をする操作を見ておきましょう 例えば段落が複数の行に渡っている場合 特定の位置で 強制的に改行したいということもありますよね その時普通に Enter キーを押してしまうと 新しい段落が出来上がってしまいます 1つ段落が2つに分断されました もし段落を変えずに強制改行を したいのであれば方法はあります では「元に戻す」をクリックして ひとつ前の状態に戻しておきましょう 「ゆったり」という所で段落を変えずに 強制改行したい場合には キーボードを使って行います キーボードのShift + Enterです ではShiftキーを押さえたまま Enterキーを押します するとこのように行の途中で段落を変えずに 強制的に改行することができましたね 強制改行位置には下向きの矢印が表示されます このように段落を変えずに 途中で改行することもできますので 必要に応じて活用しましょう このレッスンでは段落書式の 設定に必要となる知識と 段落書式の設定に使用する ツールについて確認しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。