Word 2013 基本講座

行・段落の間隔を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
行間や段落間隔の変更について解説します。文書内の特定の行や段落の間隔を適切に調整することで文章が読みやすくなります。
06:15

字幕

このレッスンでは行間や段落間隔の 変更について解説します 文書内の特定の行や段落の間隔を 適切に調整することで— 文章が読みやすくなります 使用するのは interior fair4 のファイルです 案内状が作成されています では このファイルを使って 行間の設定から見ていきましょう 現在 行の間隔は一定です よって 本文も箇条書きの項目も 行の間隔は同じです 本文はこれで見やすいのですが— 箇条書きは少し窮屈に感じます そこで「日時」から「問い合わせ先」までの 行間を少し広げて— 読みやすくしてみましょう 使用するのは「段落」グループの下の段の 「行と段落の間隔」ボタンです では 対象とする 「日時」から「問い合わせ先」までの— 3段落を範囲選択します 「段落」グループの下の段の 中央辺りにある— 「行と段落の間隔」ボタンをクリックします するとドロップダウンで リストが表示されました 現在「1」となっていますね これは既定の間隔です では 広げてみますので 「 2.0 」をクリックしましょう すると範囲選択している所の 段落の行間が広がりました ごれでぐっと見やすくなりました このように文書内の特定の範囲にのみ 行の間隔を調整したい時には— 行間を変更すると良いでしょう 解除をするには 解除をしたい範囲を選択し— 先程使ったボタンの 「行と段落の間隔」ボタンをクリックし— 「 1.0 」をクリックすると 解除できます では もう一度 「 2.0 」に設定しておきましょう ではもう少し今使用した 「行と段落の間隔」ボタンを使って— 操作を見てみたいと思いますので サンプル文書を使いましょう 使用するのは line spacing のファイルです このサンプル文書を使って— 文字を大きくした際の行間の指定について 見てみましょう 文字を大きくすると 行の間隔も自動的に広がります 実はこのサンプルは 行間「1」という設定なんですが— 少し行間が広過ぎるように感じます このような場合にどのように縮めるのか 見てみましょう では 行間を設定する3行を 行単位で選択します 段落グループの下の段の真ん中— 「行と段落の間隔」ボタンをクリックします 設定は今「1」になっています ここで広げることはできるが 縮めることはできないように感じます でも大丈夫です 「行間のオプション」をクリックすると— 段落のダイアログボックスを表示できました 因みにこのボックスは「段落」のグループの ダイアログ起動ツールを— クリックして表示することもできます では こちらのボックスの 「インデントと行間隔」のタブで— 「行間」という項目に注目しましょう 「1行」となっていますが右にある 下向き三角をクリックし— リストの中から「最小値」を選択します そして「間隔」を指定しましょう 「間隔」のところに「 0 」と指定すると— 文字の大きさに合わせて 行間を最小値に設定できます 見てみましょう 最小値「 0 」となっていることを確認し— 「 OK 」ボタンをクリックします これで行の間隔を縮められました このように設定しておくと— フォントサイズを大きくしていくと 大きくしたなりに行間が広がり— 小さくしていくと 小さくしたなりに行間も縮まります ではフォントサイズは 18 ポイントに戻しておきましょう 因みに 解除をするには 解除したい範囲を選択し— 段落グループの「行と段落の間隔」から 「1」を選択すると解除できます もちろん段落のダイアログボックスを使って— 行間「1行」と変更しても 解除は可能です 因みに段落のダイアログボックスの 行間の指定の下向き三角の中に— リストアップされている「固定値」は どんな項目かというと— 行間を固定することができます 先程の設定では文字の大きさに合わせて 行間も自動的に広がりましたが— 「固定値」を選択すると— 行間は文字の大きさに関係なく固定されます 例えば固定値 12 ポイントのままで 「 OK 」すると— 行の間隔が 12 ポイントに固定されるので— 12 ポイント以上の フォントサイズにした場合は— 文字が潰れてしまいます このような違いもあるので— 固定値を選ぶのか 最小値を選ぶのか— 場合に応じて適切なものを 選択すると良いでしょう 今回は「1行」に戻しておくので 「1行」を選択し「 OK 」をクリックします 続いて段落前と段落後の 設定も見てみましょう サンプル文書には5段落作成されています そして各段落が複数行で構成されています このような場合見やすくする為に 行の間隔を広げてしまうと— 目的とは違う結果になります 見てみましょう では 設定したい所を選択します ここで行間を広げてみます 「行と段落の間隔」ボタンから 見やすくする為に「 2.0 」を選択しました すると行の間隔がそれぞれ広がるので 同じ段落内でも行間が広がってしまい— 見やすいとは言えません そこで活用するのが 段落前と段落後の間隔です やってみましょう では 「元に戻す」ボタンをクリックし— 元に戻して操作します 範囲選択されていることを確認し— 「行と段落の間隔」ボタンをクリックします 下の方に「段落前に間隔を追加」と— 「段落後に間隔を追加」という 項目が出てきます こちらの項目を使用すると— 段落の前と後ろに間隔を それぞれとることができます 今回は「段落後に間隔を追加」を クリックします これで見やすい文章となりました このように段落が複数の行で 構成されている場合には— 段落の前や 段落の後を調整することで 見やすくなります このレッスンでは 行と段落の間隔について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。