Word 2013 基本講座

段落に罫線を引く、背景に色を付ける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
段落に罫線を引く機能について解説します。段落の上下に罫線を入れて情報を区切ったり、左右に飾りとして罫線を入れたり、背景に色を付けたりすることができます。
08:12

字幕

このレッスンでは段落に罫線を引く機能や— 背景色の設定について解説します 段落に罫線を入れると 飾りをつけたり 文書の情報を区切ったりできます また 段落の背景に色を付けることも可能です 使用するのは interior fair5 のファイルです 先ず操作に使用するボタンから 確認しておきましょう 「段落」グループの下の段の右端 「罫線」ボタンです 右に下向き三角が用意されています 下向き三角をクリックすると— リストの中で様々な罫線を引く事ができます 確認できたら 一旦何も無い所を クリックしてキャンセルしておきましょう 操作の対象とするのは8行目の— 「インテリアフェア開催のご案内」の タイトルです この段落の上下に段落罫線を引いて 飾りをつけてみましょう まずは範囲選択です 段落罫線を引く時には— 目的の段落をしっかり 段落記号を含めて選択しましょう 段落記号が含まれていないと— 文字単位での罫線となってしまい 結果が違ってしまいます 範囲選択ができたら— 先程確認した罫線ボタンの右にある 下向き三角をクリックします 一番下の「線種とページ罫線と 網掛けの設定」をクリックします 「線種とページ罫線と網掛けの設定」の ダイアログボックスが表示されたら— 「罫線」タブが選択されているのを 確認しましょう ここで 使用する罫線を選択します 線の太さは「 0.5 pt 」のままで— 色は「自動」となっていますが 右にある下向き三角をクリックし— カラーパレットの中から 今回は 下の段の一番左の濃い赤をクリックします そして 罫線を引く位置を指定しましょう 右のプレビューで罫線を引く為の ボタンが用意されています では 上罫線と下罫線の ボタンをクリックして— これで段落の上下に罫線を引く事ができます 設定対象が「段落」となっていることを 確認し 「 OK 」をクリックします これで選択している段落の上下に 罫線を引けました 続いて解除を見ていきましょう 解除をする際も解除したい段落を しっかり選びます 段落記号が含まれるように選択しましょう 「罫線」ボタンの右にある 下向き三角をクリックし— リストの中から「枠なし」をクリックします これで解除です では もう一度段落罫線を引いておきましょう 目的の段落を行単位で選択します 「罫線」ボタン右の下向き三角をクリックし— 「線種とページ罫線と網掛けの設定」を クリックします ここで「罫線」タブが 選択されていることを確認し— 色は先程と同じ濃い赤を選択します 上罫線と下罫線のボタンをクリックして— 「 OK 」ボタンをクリックします これで段落罫線を引けましたね 今度は背景に色をつけてみましょう 先程と同様に8行目を選択します 選択できたら「罫線」ボタン 下向き三角をクリックし— 「線種とページ罫線と網掛けの設定」を クリックします ボックスが表示されたら 今度は「網掛け」タブをクリックします ここで背景色や網掛けの種類も設定できます 高度な網掛けを設定することができますね では 背景色を選んでいきましょう 下向き三角をクリックして パレットの中から— 今回は左から3つ目の上から2つ目 ベージュ系の色を選んでおきます 設定対象が「段落」となっていることを確認し 「 OK 」をクリックします これで選択した段落全体に 色を付ける事ができました 解除する場合は解除したい段落を選択し— 「罫線」の下向き三角から— 「線種とページ罫線と網掛けの設定」を クリックし— ダイアログボックスの 「網掛け」タブを選択したら— 「背景の色」の下向き三角から「色なし」— こちらを選択すると解除できます 今回確認だけなので「キャンセル」ボタンを クリックしてキャンセルしておきましょう もう一箇所 背景に色をつけてみましょう 下にスクロールし— 一番下の段落「ご来場の際は~しております」 26 行目を選択します さっきと同様に「罫線」ボタン 下向き三角から— 「線種とページ罫線と網掛けの設定」— ダイアログボックスが表示されたら— 「網掛け」タブをクリックします 「背景の色」下向き三角から— 任意の色をクリックしましょう 因みに「網掛け」という項目では— 更に「種類」を選んで— 背景の上に網を掛ける事ができます では 適当に「濃い横縞」を選んで— 色のボックスが使えるようになるので 下向き三角で カラーパレットの中から— 任意の色をクリックします すると背景の上に 更に網を掛ける事ができます 今回「網掛け」は設定しないので— 「種類」のところは下向き三角から— 「なし」をクリックしておきましょう また 右下の「設定対象」は— 現在「段落」となっています 下向き三角をクリックすると 「文字」に変更できます こちらで「文字」を選択すると— 範囲選択した範囲内の文字にのみ 背景色を設定する事もできます 今回は段落全体に背景色を設定するので— 下向き三角から 「段落」にしておきましょう 「 OK 」ボタンをクリックすると— 段落に色を付けることができました 段落につけた背景色は 行の間隔によって幅が決まっています もし背景色を幅広に設定したい場合は— 対象とする段落に対し 行間を広げておくと良いでしょう ではやってみますので 対象とする段落を行単位で選択し— 「段落」グループの下の段の真ん中 「行と段落の間隔」ボタンをクリックします ここで行間を広げることで 背景色も幅広に変化しますね 今回は飾りとして背景色を設定したり 罫線を引いたりしましたが— この罫線機能を使うと 文章を区切ることも可能になっています また 今回使用したダイアログボックスを 頻繁に活用する場合には— いちいち「罫線」ボタンの下向き三角から 選択していくのが面倒です そこで「書式の詳細」作業ウィンドウを 表示しておくと— 簡単に設定変更が可能です 見てみましょう 「書式の詳細」作業ウィンドウは 文書ウィンドウの右に表示できます ではキーボードを使って表示するので— キーボードの Shift キーを押さえたまま— F1 キーをタイプします これで「書式の詳細」作業ウィンドウを 表示できます キーボードの Shift + F1 キーです 「書式の詳細」作業ウィンドウには 選択した位置の書式を一覧表示できます ここで8行目を選択した際には— 8行目の書式が 詳しくリストアップされています このボックスを使って 書式の設定変更が可能です 例えば 「段落」グループの— 少し下にスクロールすると— こちらに「罫線」や「網掛け」という 項目が登場しています 選択した範囲には罫線の設定・網掛けが なされているというわけですね ここで「網掛け」の所を マウスポインタでポイントすると— 指差しマークになります クリックすることで— 「線種とページ罫線と網掛けの設定」 ダイアログボックスをすぐ開くことができ— ここで色を変更することが可能です 今回確認だけなので「キャンセル」ボタンを クリックしキャンセルしましょう このように「書式の詳細」 作業ウィンドウを活用することで— 選択した位置の書式を 一覧表示することは勿論— 設定変更が可能です 今回は罫線を設定したり網掛けを設定する際 ダイアログボックスを使いました いちいち下向き三角をクリックして 設定変更をするのが面倒な場合— こちらの「書式の詳細」作業ウィンドウを 活用するのも一つです 作業ウィンドウを非表示にするには— もう一度 Shift + F1 キーをタイプするか— 作業ウィンドウに表示される右上の 「閉じる」ボタンをクリックします これで作業ウィンドウを閉じられます このレッスンでは段落に罫線を引く— 背景に色をつける操作について 解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。