Word 2013 基本講座

表について

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
罫線機能や表の構成要素など、Wordで扱う表についての「基礎知識」を学習します。専門用語を知ることで操作の理解度が増し、学習効率が向上します。
06:00

字幕

このレッスンでは Word で扱う 表についての「基礎知識」を学習します 専門用語を知ることで操作の理解度が増し 学習効率がより向上するでしょう 使用するのは「 table 」のファイルです この文書を使って 表の構成要素から見ていきましょう 表は この様な要素で構成されています 表の1つ1つのマス目を「セル」と言います セルが横につながったものを 「行」と言います セルが縦につながったものを 「列」と呼んでいます この様に 表は複数の行と列で構成された セルの集まりです 各セルには文字やグラフィクスを挿入できます 続いて 表の作成時に使用する ツールを確認しましょう Word には 素早く表を作成するための ツールが用意されています 使用するのは「挿入」タブです 「挿入」タブをクリックします 「表」グループに 「表」ボタンが表示されています 「表」ボタンをクリックすると ドロップダウンのリストが表示されます ここでは 表のマス目を指定して 表を挿入したり― マウスをドラッグして罫線を引いたり あるいは― Excel の高度な計算機能を使って 表を作成することができます 今回は確認だけですので 文書内の何もない所をクリックして― キャンセルしましょう この様に 表を挿入する際には 「表」ボタンを使用します また 作成した表を編集するには コンテキストタブを活用します 見てみましょう 表内にカーソルを移動します 表内のいずれかのセルをクリックして 表内にカーソルを移動しましょう すると リボンには「表ツール」という 色が付いたタブが登場しました これがコンテキストタブです コンテキストタブとは 状況に合わせて 必要な場合だけ表示されます 表を編集するには この「デザイン」タブや 「レイアウト」タブを使用します 「デザイン」タブは罫線の種類やセルの色など 表のデザインに関する設定を行い― 「レイアウト」タブでは 行や列の追加・削除 セルの結合や分割― そして セル内の文字の配置など― 表のレイアウトに関する設定を 行うためのタブです この様に 「表」ツールは カーソルが 表内にある時のみ表示されますので― 表を編集する際には 表内にカーソルを移動しましょう 表以外にカーソルを移動すると コンテキストタブは自動的に非表示になります また 書式の詳細作業ウィンドウを 表示しておくと― 選択した表やセルの書式設定を 確認できます では 見てみましょう キーボードの Shift キーを押さえたまま― F1 キーをタイプすると― 文書ウィンドウの右に 書式の詳細作業ウィンドウが表示されました 表内にカーソルを移動しましょう すると 書式の詳細作業ウィンドウの― 「表」 あるいは「セル」の項目で 書式設定を確認できます また 確認だけではなく 設定変更も可能です 例えば 「表」の「配置」に マウスポインターをポイントすると― 指さしマークになります こちらをクリックすると― 配置を変更するためのダイアログボックスを 表示することもできます 今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして― キャンセルしておきましょう この様に 書式の詳細作業ウィンドウを表示しておくと― 設定してある書式は勿論 設定変更を行うこともできます 最後に 要素の選択について見ておきましょう 表を編集するには 対象となる要素の選択が必要です ここでは 各要素の選択方法を しっかりと確認しておきましょう 使用するのは 「要素の選択」の表です この表を使って行の選択を見ていきましょう 表の行を選択するには 目的の行の 左余白にマウスポインターをポイントし― 右向きの白い矢印になったらクリックです これで 行を選択できました 選択を解除するには 文書内の空白部分をクリックしましょう 複数行を選択する際には 左余白にマウスポインターをポイントし― そのまま 垂直方向に向かってドラッグです これで 複数の行を選択できます 次に 列を選択します 列の選択は 目的の列の上の罫線の少し上あたりです 下向きの黒い矢印になったらクリックします これで 列を選択できます 複数列を選択する際には 列選択の位置に マウスポインターをポイントし― 下向きの黒い矢印になったら そのまま 水平方向に向かってドラッグします これで 列を複数選択できます 続いて セルの選択です セルを選択するには― 目的のセルの左罫線の少し内側に マウスポインターをポイントします 右向きの黒い小さな矢印になったら クリックします これで セルを1つ選択できます 最後に 表全体の選択です 表全体を選択するには ドラッグしても良いのですが― 面倒ですので この様な方法があります 表全体を選択するには 表内にマウスポインターをポイントし― 左上に表示される 表の移動ハンドルをクリックします これで 表全体を選択できます 左上に表示される表の移動ハンドルは― マウスポインターが表内にある時だけ 表示されますので― 表の移動ハンドルを活用するには 表内にマウスポインターを移動しましょう クリックすると 表全体を選択出来ます この様な 各要素の範囲選択は コマンドを実行する際に― 必ず必要になりますので しっかりと確認しておきましょう このレッスンでは 表の構成要素と 表作成時に使用するツールの確認― そして 表の各要素の選択について 解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。