Word 2013 基本講座

表を挿入する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表の挿入について解説します。Wordには、すばやく表を作成するためのツールが用意されています。表を使用すると文書内の情報を項目ごとに見やすくまとめて整列できます。
05:43

字幕

このレッスンでは 表の挿入について解説します Word には素早く表を作成する為の ツールが用意されています 表を使用すると 文書内の情報を 項目毎に見易くまとめて整列できます 使用するのは「 table 」のファイルです この文書の2ページ目を使って— 行数と列数を指定し 表を挿入する操作から見ていきましょう 行数と列数を指定し 表を挿入するには— カーソルのある位置が重要です では カーソルは4行目に 表示しておきましょう この位置に 3行4列の表を作成します 「挿入」タブをクリックします 「表」ボタンをクリックします マス目が表示されましたね ここで3行4列になる所をクリックします するとカーソルがあった位置に 3行4列の規則的な表が作成されました 因みに 作成した表を削除するには すぐだったら「元に戻す」— すぐでない場合は削除したい表内に カーソルを移動し— 「レイアウト」タブをクリックします 「削除」ボタンをクリックし— 「表の削除」をクリックすると 削除を実行できます もう少し表の挿入操作を見ていくので— もう一度4行目にカーソルが あることを確認します 「挿入」タブをクリックし 「表」ボタンをクリックします するとマス目を指定して作成する表は— 8行10列が限界ですね これよりも大きい表を作成するには— すぐ下の「表の挿入」という 項目をクリックします 「表の挿入」ボックスが表示されるので— ここで列数と行数を数値で指定して 表を作成する事ができます では 行数に「 10 」 行と指定し— 「 OK 」ボタンをクリックすると— カーソルのあった位置に 10行の表が作成されましたね このような方法もあるので 大きな表を作成するときには活用しましょう 続いて マウスでドラッグして 表を作成する操作を見て行きましょう 「挿入」タブをクリックします 「表」ボタンをクリックします 「罫線を引く」をクリックすると マウスポインタの形が鉛筆の形に変化しました これで四角を描く要領で 左上から右下に向かってドラッグし— まずは表の枠線を描きます その後 縦罫線や横罫線もドラッグして 追加していきます マウスでドラッグして表を作成すると— このような自由な形のセルを どんどん作成できますね 罫線を描き終わったら キーボードの Esc キーをタイプすると— マウスポインタを通常の形に 戻す事ができます 今使用した「罫線を引く」という機能は— 「レイアウト」タブの「罫線の作成」 グループにも用意されているので— あとから罫線を追加することもできます 見てみましょう 「罫線を引く」ボタンをクリックします マウスポインタが鉛筆に変わるので— ドラッグすることで先程と同様に 罫線を追加することができます また この機能は行数・列数を指定して 作成した表にも有効です ドラッグすることによって このように後から罫線を追加できます また 部分的に罫線を削除するには— 「罫線の作成」グループの 「罫線の削除」ボタンをクリックすると— マウスポインタの形がこのように 消しゴムの形に変わります あとは削除したい罫線をドラッグして このように削除を実行できます 削除していくときには 赤い目安線が表示されるので— 削除する位置を確認しながら 削除できます また このように部分的に 罫線を削除して行った場合に— 点線が表示されることがあります これはグリッド線と呼ばれ 表のレイアウトを保つ為に必要な線です 透明な線なので 印刷にはうつりません このグリッド線の表示・非表示は— 「レイアウト」タブの左の 「グリッド線の表示」ボタンをクリックして— 表示・非表示を切り替えられます 罫線を引くボタンや罫線削除のボタンで— マウスポインタが鉛筆や消しゴムに なっている時には— 次の操作を行う前に Esc キーで 通常のマウスポインタの形に戻してから— 次の操作を行いましょう これで表の挿入の 基本的操作を確認できたので— 実際の文書内に1つ表を挿入してみましょう 使用するのは 「 interior fair1 」のファイルです この文書の19行目の位置に— 日時や場所を入力するための 表を作成しておきましょう カーソルを19行目に移動します 「挿入」ボタンをクリックし— 「表」ボタンをクリックします 今回は 3行2列の表を挿入しましょう 3行2列になるところをクリックします カーソルのある位置に表を作成できました このレッスンでは表を挿入する 操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。