Word 2013 基本講座

文字列を表に変換する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
既存の文字列を表に変換する操作について解説します。文書内にあらかじめ入力されている文字列を表内に配置することができます。
02:43

字幕

このレッスンでは 既存の文字列を 表に変換する操作について解説します 文書内にあらかじめ入力されている文字列を 表内に配置できます 使用するのは 「 interior fair2-1 」のファイルです こちらの文書の「日時」から 「問い合わせ」までの— 3行を表に変換してみましょう 現在は通常の文字として入力されています この様に 既存の文字列も表に変換できます ただし 表に変換するためには 列の区切りを表す区切り文字が必要です 区切り文字は一般的にタブが使われます 実はこの文章も既にタブが挿入されています 確認しておきましょう 「ホーム」タブ > 「段落」グループの右上の― 「編集記号の表示 / 非表示」 ボタンをクリックして― 画面上に編集記号を表示すると― タブが挿入されている位置に 右向きの小さい矢印が表示されました このタブはキーボードの Tab キーを使って挿入できます よって 列の区切りにしたい位置には このタブを挿入しましょう 今回は 項目名を1列目 そして 内容を2列目に配置したいです ちなみに 行の区切りは 段落記号で指定されます 段落記号で表の行が区切られる というわけです 早速 「日時」から「問い合わせ」までを 表に変換しましょう まずは範囲選択です 表に変換したい文字列を選択します 使用するのは「挿入」タブの 「表」ボタンです 「表」ボタンをクリックすると― リストの中に「文字列を表にする」の 項目が出てきました この「文字列を表にする」を クリックしましょう すると 「文字列を表にする」 ダイアログボックスが表示されました ここで 列数と行数が確認できます 「列数」は2 「行数」3― 「文字列の区切り」は 今回タブにするので 「タブ」が選択されていることを確認します タブ以外にも カンマや その他の文字を使うこともできます では「 OK 」ボタンをクリックして 結果を確認しましょう 「 OK 」ボタンをクリックします すると 文字列が表の中に配置されました このレッスンでは 既存の文字列を 表に変換する操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。