Word 2013 基本講座

表のレイアウトを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
列幅や行高の調整、セルの結合や分割、セル内の文字列の配置など表のレイアウトに関する設定について解説します。レイアウトをバランスよく調整することで見やすい表に整えることができます。
07:08

字幕

このレッスンでは 列幅・行高の調整 セルの結合・分割 セル内の文字列の配置など 表のレイアウトに関する設定について 解説します レイアウトをバランス良く調整することで 見易い表に整えられます 使用するのは interior fair3 のファイルです 操作の対象は表なので 表が見えるようにスクロールしておきましょう では こちらの表を使って 列幅と行の高さの調整から見ていきます 列幅を調整するにはマウスでドラッグします では 1列目の幅を調整してみましょう 1列目の右罫線に マウスポインタをポイントし ドラッグします すると手動で列幅を調整できます また 列幅調整は自動調整も可能です 目的の列の右罫線に マウスポインタをポイントし― ダブルクリックすると その列の中の 一番長い文字に合わせて 自動調整されます 自動調整は表内の全ての列を一度に 行う事もできます やってみましょう 表の移動ハンドルをクリックし 表全体を選択します あとはいずれかを縦罫線に マウスポインタをポイントし― ダブルクリックします これで表内の全ての列幅を 自動調整できました 続いて 行の高さの変更を見ていきましょう 1行目の行の高さを変更します 1行目の下罫線に マウスポインタをポイントし― 上下の黒い矢印になったら ドラッグします これで行の高さを 高くしたり低くしたり することができます また 行の高さは均等に 揃えることがよくあります 一つ一つドラッグするのは大変です そこで使用するのは「レイアウト」タブです 「レイアウト」タブの 「セルのサイズ」グループの― 右上に「高さを揃える」ボタンがあります このボタンを使用すると 選択した複数行を 同じ高さに揃えることができます やってみましょう 表全体を選択します 「高さを揃える」ボタンをクリックします これで表全体の行の高さが 全て均等に揃いました では 行の高さをもう少し広めにとりましょう こういう場合は一番下の横罫線を― 下に向かってドラッグします 余り広くし過ぎると 文書が2ページ目に 行ってしまうので 注意しましょう このように全体の表の大きさを決めたら― あとは表全体を選択し 「行の高さを揃える」をクリックすると 均等な行になりました 続いてセル内の文字の配置について 見ていきましょう セル内の文字の配置は 「レイアウト」グループの― 「配置」グループのボタンで設定できます 初期設定では一番左上の 「両端揃え(上)」になっています これはセルの中で文字の両端が揃って 行の上に配置され― 文字が短ければ 文字は左に寄るという設定です 行の上の方に文字が入ってしまうと あまり美しいとは言えないので― 行の中央に文字を配置していきましょう 表全体を選択します 「配置」グループの左の上から2つ目 「両端揃え(中央)」をクリックします これで行の中央に文字を配置できました 配置の変更は「レイアウト」タブ以外に 「ホーム」タブのボタンでも可能です 見てみましょう 「ホーム」タブをクリックします 「段落」グループの「左揃え」や― 「中央揃え」や「右揃え」のボタンを使って 水平方向の設定は可能です 垂直方向の設定は 「段落」のボタンではできないので やはり「レイアウト」タブを 使う必要がありますね また 「ホーム」タブの 「均等割り付け」ボタンを使用すると セル内で文字を 均等に割り付ける事ができます 見てみましょう 1列目を列単位で選択します 「ホーム」タブ 「段落」グループの 「均等割り付け」ボタンをクリックします すると1列目の文字がセルの中で 均等に割りつきました ここで配置について もう一手間加えておきましょう セルの余白を設定する事ができます 使用するのは「レイアウト」タブの 「配置」グループの「セルの配置」です このボタンを使用すると セルの余白と間隔を指定できます 表内にカーソルがあることを確認し 「セルの配置」ボタンをクリックすると 「セルのオプション」という ダイアログボックスが表示されました ここでセルの余白を変更する事ができます 先程均等割り付けしたセルは 少し窮屈に感じます 左右の余白を 3mm に広げてみましょう 左右余白を「 3 」と指定し 「 OK 」ボタンをクリックします すると表内のセルに 3mm の余白が 設定されたので より美しく見易いレイアウトになりました ちょっとしたことですが この「セルの配置」ボタンを使うと 余白を設定できるので 是非活用してみてください 次に 表全体のレイアウトを見ていきましょう 現在 表全体が文書の 左に寄った状態になっています この表を中央に綺麗に配置してみます 表の移動ハンドルをクリックし 表全体を選択します 使っていくのは「ホーム」タブのボタンです 「ホーム」タブの「段落」グループの 「中央揃え」ボタンをクリックします すると表全体が中央に配置されました このように表全体を選択しておき 「ホーム」タブの「段落」グループの 配置換えボタンを使って 表全体のレイアウトを設定できます その時の注意点は表全体を しっかり選択することです 表の右にある段落記号が 選択されていないと 表そのものの配置換えにはなりません 注意しましょう 最後に 今回は使用しなかったのですが 結合ボタンと分割ボタンを紹介しておきます 「レイアウト」タブをクリックします 「結合」グループにはセルを結合したり セルを分割するボタンも用意されているので 結合したいセルがあれば 選択しておき― 「セルの結合」 分割したいセルがあったら カーソルを移動し 「セルの分割」を利用すると分割できます このレッスンでは表のレイアウトの 設定について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。