Word 2013 基本講座

グラフィックスについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Wordで扱うグラフィックスについての「基礎知識」を学習します。専門用語を知ることで操作の理解度が増し、学習効率が向上します。
06:00

字幕

このレッスンでは Word で扱うグラフィックスについての― 基礎知識を学習します 使用するのは 「 graphics 」のファイルです この文書にはサンプルの図形や 画像が挿入されています この様な図形や画像のことを 「グラフィックス」と言います グラフィックスを挿入する時に 使うツールを見てみましょう 使用するのは「挿入」タブです 「挿入」タブをクリックします すると 「図」のグループの中に いくつかのボタンが登場しました 画像を挿入したり 図形を挿入したり― SmartArt を作成し 図表を挿入することもできます また グラフの挿入も可能です 右の方にある「テキスト」グループの中には 「ワードアートの挿入」ボタンがあり― 文字列をグラフィックスオブジェクトとして 扱うこともできます また 作成したグラフィックスを選択すると― リボンに「描画ツール」と言う コンテキストタブが表示されます このコンテキストタブの「書式」タブを使って グラフィックスの編集ができます 図形を選択した時は「描画ツール」― 画像を選択した時は「図ツール」として 書式タブが表示されます コンテキストタブは グラフィックスの選択を解除すると― 自動的に非表示となります よって 書式タブを使って グラフィックスを編集する際には― 目的のグラフィックスを 選択するようにしましょう 次に グラフィックスを挿入する際の 基本的操作について見ていきましょう 使用するのはサンプルの図形です まずは 図形の選択と解除から 見ていきましょう 図形を選択するには 図形をクリックします 選択した図形には 周りにハンドルが付いて表示されます 解除するには文書内の 空白部分をクリックしましょう また 複数の図形を選択するには 1つ目は普通にクリックし― 2か所目を選択する時に キーボードの Shift キーを押さえます Shift を押さえてクリックすると この様に 複数図形を選択できます また 「ホーム」タブの 「編集」グループの一番下― 「選択」ボタンをクリックすると 「オブジェクトの選択」ツールが使えます 「オブジェクトの選択」をクリックしましょう すると マウスポインターの形が この様に白い矢印になりました 後は 選択したい図形を 大きく囲って指定します こうすると 範囲選択した範囲の図形を 全て選択できます 「選択ツール」は 使い終わったら― キーボードの Esc キーをタイプして 解除しましょう 次に 図形の移動とコピーを見てみましょう 図形を移動するには 図形をドラッグします すると この様に自由な位置に配置できます この様に 自由な位置に配置できるオブジェクトを― 「フローティングオブジェクト」と言います 文字列とは別の層に配置されていますので― ドラッグ操作で任意の位置に移動できます オブジェクトには インラインオブジェクトもあります 少し見てみましょう 下に用意しているこの画像が― インラインオブジェクトとして 配置されています このオブジェクトは 文字列と同じ層に配置されていますので― 段落がある所にのみ配置できます よって ドラッグしても 自由な位置に移動さることはできません 文字や段落のある所には移動できます この様なオブジェクトを 「インラインオブジェクト」と呼んでいます 次に 図形のコピーを見てみましょう 図形をコピーするには 図形を選択し― Ctrl キーを押さえながらドラッグします これで図形をコピーすることができました 次に 削除を見てみましょう 削除をするには 削除したい図形を選択し― キーボードの Delete キーをタイプします これで削除です 続いて 図形の拡大 / 縮小を見ていきましょう 拡大 / 縮小したい図形を選択します 周りにサイズ調整ハンドルが表示されました このハンドルに マウスポインターをポイントし― 白い二方向矢印になったらドラッグします これで大きくしたり小さくしたりできます また 四隅のハンドルを使うと 縦にも横にも― 大きくしたり小さくしたりできます この時にキーボードの Shift キーを 押さえたままドラッグすると― 縦横の比率を保ったまま拡大 / 縮小できます グラフィックスを扱う時の 基本的な操作を確認しました また 図形を選択した時に 左余白に碇のマークが表示されます これは「アンカー」 と呼ばれる編集記号で 印刷には写りません アンカーとは 選択した図形が 文書内のどの段落に属しているかを― 示す印です 今 選択したこの青い四角形は この段落に属しているというサインです よって この段落記号を選択すると 図形も一緒に選択されます 段落を削除すると 当然 図形も削除されてしまいます もし 段落を削除したいが 図形は削除したくない場合は― 図形を選択し アンカーの位置を 別の段落に移動させておくと良いでしょう そうすると 元々あった段落を削除しても 図形は残ります このレッスンでは グラフィックスを扱う際に使用するツールと― 基本操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。