Word 2013 基本講座

画像を挿入する、編集する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の挿入・編集について解説します。文書内に写真やイラストなどの画像を挿入することで文書の内容を視覚的に表現することができます。
05:41

字幕

このレッスンでは 画像の挿入・編集について解説します 文書内に写真やイラストなどの 画層を挿入することで― 文書の内容を視覚的に表現できます 使用するのは 「 interior guide1 」のファイルです この文書の1ページ目 14 行目に 画像を挿入してみましょう 14 行目にカーソルを移動します 「挿入」タブをクリックし 「図」グループの― 「画像」ボタンをクリックします すると 「図の挿入」という ボックスが表示されました ここで 挿入する画像の 保存されている場所を指定しましょう 今回は「 07 」フォルダの中に 画像が保存されています 挿入する画像は 「 side table 」の画像です 「 side table 」の画像を クリックで選択し― 下にある「挿入」ボタンをクリックします カーソルのある位置に 画像が挿入されました また 「図ツール」という 「書式」タブも表示されています このタブを使って 挿入した画像を編集できます 少し見てみましょう 左の方の「調整」グループでは 「修正」ボタンをクリックするとー 明るさやコントラストを調整できます 「色」ボタンでは 色の変更が可能です 「アート効果」ボタンでは 様々なアート効果を設定できます いろいろな設定があります 今回は この中の 「光彩 : デフューズ」を― クリックして設定してみましょう 写真の印象が変わりました また「書式」タブには 「図のスタイル」グループも用意されています こちらのスタイルギャラリーを使って 様々なスタイルの設定もできます 見てみましょう 「図のスタイル」 > スタイルギャラリーの右下 > ― 「その他」のボタンをクリックします すると ギャラリーの様子が 全て見えますので― この中でマウスポインターをポイントすると リアルタイムでプレビュー表示されます 今回は上の段 右から2つ目 「四角形 ぼかし」を選択します これで 画像にスタイルを 付けることができました ちなみに 挿入した画像を削除するには 削除したい画像を選択し― キーボードの Delete キーをタイプすると― 削除できます 削除した画像は「元に戻す」ボタンを使って 戻しておきましょう では もう1つ画像を挿入し 今度はレイアウトの設定を見ていきましょう 対象は2ページ目の 「エントランス」の内容です この エントランスの説明文の横に 画像を挿入してみます カーソルを2ページ目の 2行目に表示しましょう 「挿入」タブをクリックし― 「図」グループの 「画像」のボタンをクリックします 「図の挿入」ボックスが表示されたら ここで 「 entrance 」の画像を選択し― 下にある「挿入」ボタンをクリックします これで カーソルのある位置に 画像が挿入されました 挿入された画像が少し大きいので 画像を選択すると表示される サイズ調整ハンドルを使って― ドラッグ操作で画像を小さくしましょう また 挿入された画像は初期設定では インラインオブジェクトになっています ですから 文字列と同じ位置に配置されていて 自由な位置に移動させることはできません このままでは 美しいレイアウトとは言えません では こちらのオブジェクトを― 文字列の横に配置できる フローティングオブジェクトに変更しましょう 画像を選択すると 右上に 小さいスマートタグが表示されました これは「レイアウトオプション」です クリックすると「レイアウトオプション」の 画面が表示されますので― この中で初期設定が「行内」に なっていますね これはインラインオブジェクトを 意味しています 「文字列の折り返し」の項目の いずれかを選ぶと― フローティングオブジェクトに変化します 自由な位置に動くということです 今回は「四角」の 折り返し設定をクリックします すると この様に 画像の横に 文字列が折り返されます 文字列の折り返しの設定は 「四角」以外にもあります 少し見てみましょう 画像を選択します スマートタグの「レイアウトオプション」を クリックします 今回は「四角」を選びましたが その他には「外周」や「内部」― それから「上下」の設定もあります また テキストの背面に移動したり テキストの前面に配置したりもできます 今回は「四角」と設定しますので 「四角」を選んでおきましょう また 今行ったレイアウトの設定は 画像を選択した時に表示される― 「書式」タブ > 「配置」グループ > 「文字列の折り返し」ボタンでも設定できます この 「配置」グループにはー 右端に「オブジェクトの回転」ボタンが 用意されていて― 左右に 90 度回転したり 上下左右に反転させることもできます 今回は確認だけですので キャンセルしておきましょう また その右にはトリミングを行うボタンも 用意されていますので― 必要に応じて活用しましょう このレッスンでは 画像の挿入・編集について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。