Word 2013 基本講座

ワードアートを挿入する、編集する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ワードアートの挿入・編集について解説します。ワードアートとは装飾された文字列のことで文書内ではグラフィックスオブジェクトとして扱うことができます。インパクトのあるタイトルやロゴマークなどを作成することができます。
04:18

字幕

このレッスンではワードアートの挿入・ 編集について解説します ワードアートとは装飾された文字列のことで 文書内ではグラフィックスオブジェクトとして 扱うことができます インパクトのあるタイトルや ロゴマークなどを作成できます 使用するのは interior guide2 のファイルです こちらの文書の1ページ目に ワードアートを挿入しましょう ワードアートを挿入するには カーソルのある位置に注意しましょう カーソルが 書式設定されている 見出しのようなところにあると ワードアートも見出しの書式が 設定されて挿入されます よって文書内の標準の段落 特に書式が設定されていない所に カーソルを出しておきましょう 「挿入」タブをクリックします 「テキスト」グループの「ワードアートの 挿入」をクリックします スタイルの中から お好きなスタイルをクリックしましょう すると文書内にワードアートが 挿入されました 「ここに文字を入力」とありますので ここにワードアートに設定したい 文字を入力します 今回は 「 INTERIOR GUIDE 」と しておきます ワードアートを選択すると表示される 「レイアウトオプション」をクリックし レイアウトを変更できます 初期設定では「前面」という 設定になっています 今回は上下という設定に変更するので 「上下」をクリックしましょう これでワードアートに対して 文字列が上下に折り返されました 続いて 移動しましょう ワードアートを選択します 周りの枠線にマウスポインタをポイントし ドラッグ操作をすることで移動できます 適当な位置に配置しておきましょう このようにワードアートの内部は 文字入力領域ですので 移動させる時には 内部をドラッグするのではなく 周りの枠線をドラッグするようにしましょう 次に「書式」 タブを使ってワードアートに 様々な書式を設定してみましょう ワードアートを選択します ここでも注意があります ワードアートの内部に カーソルが点滅している場合は 文字入力状態です 新しい文字を追加する時には カーソルが必要ですが 書式設定をする時にはカーソルが 表示されていると設定できません そこで周りの枠線をクリックし ワードアートそのものを選択します カーソルが非表示になったことを確認したら 「ワードアートのスタイル」ボックスの ギャラリーの下向き三角 「その他」ボタンをクリックすると ここで最初に選んだスタイルから 別のスタイルに切り替えられます 入力された文字は同じで スタイルのみを変更できます また その右にあるボタンを使って 「文字の塗りつぶし」や 輪郭の色を変えたり 「文字の効果」ボタンをクリックすると 「影」や「反射」「光彩」なども設定できます 一番下の「変形」をポイントすると 様々な形状に変更できる設定もあります では形状を少し変更してみましょう 今回は「小波1」という形状に変えてみます クリックすると選択した形状に変化しました また ワードアートの大きさも 図形や画像と同じように 調整ハンドルをドラッグして 大きくしたり小さくしたりできます 適当な大きさに調整して 配置を整えておきましょう 後から別の文字を追加したい時には ワードアートの内部をクリックすると カーソルが点滅するので ここで文字を入力できます ワードアートそのものを削除する時には カーソルが出ていると文字の削除となるので 周りの枠線をクリックし カーソルが出ていない状態にしてから キーボードの Delete キーを タイプすると削除できます 削除したワードアートは「元に戻す」ボタンを クリックして 戻しておきましょう このレッスンではワードアートの挿入・ 編集について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。