Word 2013 基本講座

図形を挿入する、編集する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
図形の挿入・編集について解説します。文書内に円や三角、星形やブロック矢印など豊富な種類の図形を挿入することができます。挿入した図形に文字列を追加することも可能です。
05:46

字幕

このレッスンでは 図形の挿入 編集について 解説します 文書内に円や三角 星形やブロック矢印など 豊富な種類の図形を挿入することができます 挿入した図形に文字を 追加することも可能です 使用するのは interior guide3 のファイルです この文書の1ページ目に 図形を挿入してみましょう カーソルはどこにあっても構いません 「挿入」タブをクリックします 「図」グループの真ん中の 「図形」ボタンをクリックします すると様々な図形を挿入するための ボタンがでてきました ではこの中で今回は 下の方の「星とリボン」のグループの中から— 「星 32 」というボタンをクリックします あとはマウスをドラッグして このように描いていきます 図形はボタンをクリックしたのち マウスのドラッグ操作で— 斜めに向かってドラッグすると描けます 図形が挿入され「描画ツール」の 「書式」タブが表示されました では挿入した図形に書式を設定してみましょう 「書式」タブの「図形のスタイル」という グループのボタンを使って— 図形にスタイルを設定することができます 図形のスタイルギャラリーの右下にある 「その他」のボタンをクリックすると— このような色々なスタイルが見えてきます ここでお好きなスタイルを 選択することができます では任意のものをクリックしておきましょう またその右にある「図形の塗りつぶし」では— 色を変更したりグラデーションを設定すること 等も可能になっています また「図形の枠線」ボタンでは— 図形の枠線のみを このように色を変えることができます 「図形の効果」のボタンでは 影や反射や光彩などを設定することもできます また「図形のスタイル」の ダイアログ起動ツールをクリックすると— 右に「図形の書式設定」という 作業ウインドウを表示し— 塗りつぶしや線の設定などを より詳しく設定することもできます 今回は確認のみですので— 作業ウインドウは「閉じる」ボタンを クリックして閉じておきましょう このように挿入した図形には 文字を追加することができます 見てみましょう 図形を選択します そのままキーボードから文字を入力します では今回は「 2015 」と入力しましょう このように文字を入力し始めると カーソルが自動的に点滅します 入力した文字列は範囲選択をし 通常の文書内の文字と同じように— 「ホーム」タブの「フォント」グループや 「段落」グループのボタンを使って— 書式設定が可能です では少し文字を大きくしておきましょうか フォントサイズを少し大きめに設定します このように 図形には後から文字を追加し 書式設定も可能です 次に図形のレイアウトについてです 図形は初期設定では文字列の 前面に配置されています もちろんレイアウトオプションを使って 後から文字列の折り返しの設定を— 四角や上下などに変更することもできます 今回は前面のままで良いので「前面」を クリックしてキャンセルしておきましょう 図形を挿入し図形を編集した後で 図形の形そのものを変えたいという場合には— 方法があります 見てみましょう 図形を選択します 「書式」タブをクリックします 左のほうにあるボタンの中で 「図形の編集」というボタンをクリックします すると「図形の変更」という 項目がでてきました ここで図形の形そのものを 変更することができます では今回は「フローチャート」グループの 上の段の真ん中あたりの— 「フローチャート:書類」に変えてみますので こちらのボタンをクリックします するとスタイルはそのままで図形の形のみを 変えることができました では図形を移動して— 今回 Word アートの左の上の方に 配置されるように整えていきましょう 図形の中に文字が入っている時には 図形内文字入力するための領域ですので— 移動する時やサイズ変更する時には 注意しましょう 移動をするときには周りの 枠線をドラッグです ライブをドラッグしても図形そのものは 移動されませんので注意しましょう では次に図形と Word アートの 関係を見ていきましょう 文書内に挿入したオブジェクトは 後から書いたものが上に重なります よって先に書いた Word アートは 下になっていますね これでは隠れて見えませんので 図形の重なる順番を変更してみましょう その時に使うのが「書式」タブの 「配置」グループの「前面へ移動」ボタンや— 「背面へ移動」ボタンです やってみましょう いま作成した図形が選択されています 「背面へ移動」ボタンをクリックします するとこのように Word アートの背面に 配置することができました 重なった図形の順番を変更したい時には こちらのボタンを使用すると良いでしょう また右には下向き三角が 用意されていますので— 最背面に移動させたり 文字列の背面に 移動させたりすることも可能です このレッスンでは 図形の挿入 編集について 解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。