Word 2013 基本講座

グラフを挿入してデータを視覚的に表現する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラフの挿入について解説します。文書にグラフを挿入することで数値データを視覚的に分かりやすく表現することができます。
04:21

字幕

このレッスンでは グラフの挿入について解説します 文書にグラフを挿入することで 数値データを視覚的に 分かりやすく表現することができます 使用するのは interior guide 5 のファイルです この文書の3ページ5行目に アンケート結果の円グラフを挿入しましょう 5 行目にカーソルがあることを確認します 「挿入タブ」をクリックします グラフのボタンをクリックします グラフの挿入の ダイアログボックスが表示されましたら 左のグラフの一覧から円をクリックします 使用するのは一般的な円グラフですので 一番左の円が選択されている事を確認し 下にある OK ボタンをクリックします すると カーソルがあった位置に グラフが作成されました それと同時にデータを入力するための ワークシートが表示されます このワークシートに入力した データを使ってグラフが作成されます では B1 のセルに グラフのタイトルを入力します B1 のセルをアクティブセルにし 今回は「アンケート結果」と入力します データを入力すると その結果がグラフ上にも表示されます 次に A 列の項目名を入力していきましょう A2 のセルをアクティブセルにし データを入力します A 列の項目名の入力が済んだら続いて B2 のセルをクリックし― こちらには数値データを入力していきましょう 数値データを入力すると その結果がグラフ上にも表示されます このようにワークシート上に入力したデータを 使ってグラフが作成されました 入力が済んだら ワークシートは― 「閉じる」ボタンをクリックして 閉じておきましょう では作成したグラフを編集してみましょう デザインタブや書式タブを使って グラフを編集することができます では まずはデザインタブで グラフのスタイルを見ていきましょう グラフのスタイルは ギャラリーの右にある― 下向き三角をクリックすると 様々なスタイルの中から選択できます では 今回はスタイル8というものを クリックしましょう スタイルが少し変化しました また左にある 「クイックレイアウト」というボタンを使うと グラフのレイアウト全体を 変更することができます 見てみましょう クイックレイアウトのボタンをクリックします いくつかのレイアウトが表示されていますね では 今回は一番左上の レイアウト1をクリックしましょう レイアウトが変更され― グラフ上にはデータラベルとして 項目名とパーセンテージが表示されました 見やすいグラフになりましたね では続いて グラフ内のフォントを変更してみましょう フォントの変更は 「ホーム」タブの「フォント」グループです では ホームタブをクリックし― 「フォント」グループの「フォント」の ボックスの下向き三角をクリックしたら 今回は 「 HG 丸ゴシック M-PRO 」 を クリックしましょう フォントが変更されました では次にグラフエリアの色を 変更してみましょう 現在グラフエリアには 白い色がついて 抜けてしまっているように見えます そこでグラフエリアの色を 「塗りつぶしなし」に設定しましょう 使用するのは「書式」タブです 書式タブをクリックします 図形のスタイルの 「図形の塗りつぶし」をクリックします ここで「塗りつぶしなし」をクリックしましょう これでグラフエリアを 「塗りつぶしなし」に設定できました しかし周りには 枠線がついていて気になりますね では 枠線も非表示にしましょう グラフエリアを選択します 書式タブの「図形の枠線」をクリックし 「線なし」をクリックしましょう これで枠線も非表示となりました このように文書にグラフを挿入することで 数値データを 視覚的に分かりやすく表現する事ができます このレッスンでは グラフの挿入について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。