Word 2013 基本講座

任意の書式をオリジナルのスタイルとして登録する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタイルの登録・適用・変更について解説します。書式の組み合わせをスタイルとして登録しておくと、スタイル名を選択するだけで登録した書式すべてを一度に適用することができます。また、書式の変更も一括で処理可能です。
06:56

字幕

このレッスンでは スタイルの 登録・適用・変更について解説します 書式の組み合わせを スタイルとして登録しておくと スタイル名を選択するだけで 登録した書式をすべて 一度に適用することができます また書式の変更も一括で処理可能です 使用するのはinterior guide の ファイルです では こちらの文書を使って 文字スタイルを 登録するところから見ていきましょう 文字スタイルにはフォントやフォントサイズ 太字や斜体などの 文字書式を登録することが出来ます まずは文書内のいずれかの文字に 書式を設定します では 今回は4行目の「こだわりのインテリア」 という文字に対して― これからスタイル登録するための 書式を設定します 文字書式ですので今回はMS ゴシック そして太字(「B」)にし 文字の色を赤にしましょう フォントの色で赤を選択します さらに2重下線も引いてみましょう 今 選択した所には複数の書式が 設定されました そこでこの書式の組み合わせを 頻繁に活用するとしましょう その時いちいちボタンから 一個一個設定するのは面倒ですね そこでスタイル登録をしておくと 一度に複数の書式を まとめて設定することが出来ます では これからスタイルの登録操作を 見ていきましょう まずは現在選択しているところは― 標準のスタイルであるということを 確認しましょう 現在は特にスタイルは設定されていません では 範囲選択した位置の書式を スタイルとして登録します 使用するのは「スタイル」ギャラリーの 下向き三角です 下向き三角をクリックし 「スタイルの作成」をクリックします すると「書式から新しいスタイルを作成」の ダイアログボックスが表示されました ここでスタイルに使用する名前を付けます 今回は「スタイル1」のままにしておきますので 名前は「スタイル1」 そして 変更ボタンをクリックして 書式をしっかり確認してみましょう 「名前」の所は「スタイル1」です そして「種類」ですが 今回は1文字ごとに 設定出来るスタイルとしますので 「文字」スタイルに変更します 「文字」スタイルとしてスタイルを登録すると 一文字ごとに設定出来るスタイルとなります 書式には先ほど選択したゴシックや 赤文字・太字という設定がなされていますね また下の方には「この文書のみ」という所に チェックが付いています よって登録するスタイルは この文書でのみ活用することが出来ます では「OK」ボタンをクリックして これで登録は完了です すると「スタイル」ギャラリーには 「スタイル1」が登場しました これでスタイルの登録は完了です このようにスタイルを登録するには まず文書内のどこか1箇所に書式を設定する その書式を選択し スタイルを登録すれば良いということです また文書内に書式を設定せずに 「スタイル」ギャラリーの 下向き三角をクリックし― 「スタイルの作成」ボタンから 変更ボタンをクリックし― ここで一から書式を 設定していくことも出来ます 今回は確認だけですので キャンセルしておきましょう では次に今登録したスタイルを 文書内のその他の箇所にも適用してみましょう では 文書内の適当な範囲― どの文字でも結構ですので選択します そして「スタイル1」を 「スタイル」ギャラリーからクリックします これだけで登録してある書式を すべて設定することが出来ました 便利ですね では違うページにも設定してみましょう 文書内であればどのページでも使えます では2ページ目の適当な文字列を選択し 「スタイル1」を適用します このようにスタイルを登録しておくと スタイル名を選択するだけで 簡単に統一感のある書式を 適用することが出来ます では次にスタイルに登録されている 書式を変更する操作を見ていきましょう スタイルに登録されている書式を 変更するには― まずそのスタイルが設定されている 文字列を選択し― 1箇所に対してのみ書式の変更を行います ではいずれかの「スタイル1」が 設定されている文字列を選択し 文字の色を緑に変えてみましょう フォントの色ボタン下向き三角で では緑を選択します すると範囲選択していた所の文字だけが 緑色に変化しました まだスタイルの変更には至っていません スタイルギャラリーも赤い文字のままですね その他のスタイル1を設定してある所も 赤文字です ではスタイルを更新します 先ほど書式を変更した 緑色の文字になっている所を選択し― 「スタイル」ギャラリーの 「スタイル1」を右クリックします すると メニューの一番上「選択箇所と一致する ようにスタイル1を更新する」― という項目が出てきました こちらをクリックしましょう こうすることで「スタイル1」を緑色の書式に 変更することが出来ました 文書内の「スタイル1」が設定されている所も すべて緑色に変わっていますね このように書式の変更も 一括で処理が可能です では最後に登録したスタイルを 削除する方法を見ておきましょう 登録したスタイルが不要になった あるいは間違えて登録してしまった という場合は 削除が可能です 削除をする際には「スタイル」グループの ダイアログ起動ツールをクリックし 「スタイル」のウインドウを表示します ウインドウを表示しましたら 一覧の中から 削除したいスタイルを選択します では今回は「スタイル1」を削除しますので 「スタイル1」の右の下向き三角をクリックします リストの中に「スタイル1の削除」 という項目が出て来ました では「スタイル1の削除」をクリックします すると「スタイル1をスタイル文書から 削除しますか?」と出ますので 「はい」をクリックして削除しましょう これでスタイルは削除され― 「スタイル」のウィンドウからも 「スタイル1」が無くなり― スタイルギャラリーからも 「スタイル1」が無くなりました このレッスンでは スタイルの 登録・適用・変更について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。