Word 2013 基本講座

組み込みスタイルを利用する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
あらかじめWordに用意されている組み込みスタイルの利用について解説します。組み込みスタイルの「見出し」を使うと書式の適用に加えてアウトラインレベルも自動的に設定でき長文作成に効果的です。
06:46

字幕

このレッスンでは あらかじめ Word に用意されている 組み込みスタイルの利用について解説します 組み込みスタイルの「見出し」を使うと 書式の適用に加えて― アウトラインレベルも自動的に設定でき 長文作成に効果的です 使用するのは iterior guide のファイルです この文書を使って 組み込みスタイルの 「見出し」の適用について見ていきましょう 「見出し」は組み込みスタイルですので あらかじめ スタイルギャラリーに用意されています こちらが「見出し1」です 見出しは1から9まで 活用することができます では 今回は文書内の それぞれの項目の見出しとなる位置に 「見出し1」スタイルを適用します まず 「はじめに」というところを選択し 「見出し1」をクリックします すると 「はじめに」というところが 「見出し1」が設定されました 「見出し1」は「MS ゴシック」で 12 ポイントの書式を持っています では次に2ページ目の先頭の 「エントランス」という段落に対しても 「見出し1」を設定しましょう 同じように3ページ目の先頭の 「参考資料」にも「見出し1」を設定します また3ページ目では サブ見出しもありますので 「アンケート結果」のところは 「見出し2」を設定してみましょう 「見出し2」は 「MS ゴシック」の書式を持っています 「オーダーフロー」のところも 「見出し2」を適用します 今 設定した「見出し」という 組み込みスタイルを利用すると― 「書式」の適用だけではなく 「アウトラインレベル」というものも 自動的に設定できます 「アウトラインレベル」とは 長文を作成する際に 文書全体の構成を 編集管理するのに便利な機能で この「見出し」を使って 目次を作ること等も可能です また 長文作成している場合に 「見出し」を活用し 素早く画面を スクロールする事もできます 確認してみますので 「表示」タブをクリックし 「表示」グループの ナビゲーションウィンドウにチェックを付けて 文書ウィンドウの左に ナビゲーションウィンドウを表示しましょう すると 「見出し」の項目が リストアップされていますね このように文書内に 見出しが設定されていると ナビゲーションウィンドウに 一覧表示されますので 項目をクリックするだけで その箇所まで自動的に スクロールすることができて便利です 「はじめに」というところをクリックすると 「見出し1」が設定されている 「はじめに」― 「エントランス」をクリックすると 「見出し1」が設定されている 「エントランス」というところまで 自動的にスクロールされます しばらくの間は ナビゲーションウィンドウは使いますから ナビゲーションウィンドウは そのまま表示しておきましょう タブは「ホーム」タブに戻っておきます では続いて「見出し1」と「見出し2」に 書式を追加してみましょう まずは「見出し1」から追加しますので 「見出し1」が適用されているところを 選択します では ここに書式を追加します 段落書式の 「背景の色」を設定してみましょう 「段落」グループの「罫線」の右にある 下向き三角をクリックし 「線種とページ罫線と網掛けの設定」を クリックします 「網掛け」タブをクリックし 「背景の色」下向き三角で 今回はオレンジ系の 下から2つ目の色を選択します 設定対象が段落となっていることを確認し OK ボタンをクリックします 選択していたところに 背景の色が設定されました さらに文字が見づらくなりましたので フォントの色を白色に変更しましょう さらに太字も設定しておきましょうか 太字もクリックします また 行の間隔も少し狭く感じますので 「段落」グループの「行間」ボタンで 1.5 に広げておきましょう では 今設定した書式を 「見出し1」に追加しましょう 「見出し1」はまだ色はついていませんね では更新しますので 「見出し1」を右クリックし― 「選択箇所と一致するように 見出し1を更新する」をクリックします これで見出し1そのものが色が付きました という事で2ページ目の 見出し1が設定されていた「エントランス」も 3ページ目の「参考資料」も このように更新されています ナビゲーションウィンドウを使って ページをスクロールすると便利です では「はじめに」をクリックして 初めに戻っておきましょう では続いて見出し2にも書式を追加しますので ナビゲーションウィンドウの 「アンケート結果」をクリックして― アンケート結果の箇所まで 画面をスクロールしましょう そこには見出し2が設定されていましたね では「アンケート結果」を選択し 段落の下罫線と太字を設定してみましょう では「段落」グループの「罫線」ボタン 下向き三角をクリックし 「線種とページ罫線と網掛けの設定」 「罫線」タブが選択されていることを確認し 線の色は任意のもので結構です 今回はベージュ系の物を選んでおきましょう 線の太さも少し分かりやすいように 太めに設定してみます あとは「下罫線」のボタンをクリックすると 段落の下に罫線を引くことができますね OKボタンをクリックして確認しましょう 選択している段落の下に 罫線が引かれました では 太字も設定しておきますので 太字ボタンもクリックします 今 選択しているところに設定した書式を 見出し2に追加します 「見出し2」を右クリックします 「選択箇所と一致するように 見出し2を更新する」をクリックします これで「見出し2」の書式を 追加する事ができました 「オーダーフロー」に設定されている 見出しも書式が更新されましたね このように「組み込み」スタイルの 「見出し」を使うと 書式の適用はもちろん アウトラインレベルを設定する事もできます 文書内に見出しを設定しておくと ナビゲーションウィンドウを使って 見出しごとにジャンプして 画面をスクロールする事ができて便利です このレッスンでは 組み込みスタイルの 「見出し」を利用する操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。