Word 2013 基本講座

目次を作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
目次の作成について解説します。アウトラインレベルを設定した「見出し」を基に目次を自動作成できます。後から文書内容を変更した場合も目次は簡単に更新可能です。長文作成時におすすめの機能です。
05:34

字幕

このレッスンでは 目次の作成について解説します アウトラインレベルを設定した見出しをもとに 目次を自動作成できます 後から文書内容を変更した場合も 目次は簡単に更新可能です 長文作成時にお勧めの機能です 使用するのは interior guide1 のファイルです この文書は7ページで構成されています また ナビゲーションウィンドウも 活用するので ナビゲーションウィンドウを 表示しておきましょう ナビゲーションウィンドウは「表示」タブの― 「表示」グループの「ナビゲーション ウィンドウ」にチェックをつけて表示します では リボンは「ホーム」タブをクリックし 「ホーム」タブを表示しておきましょう では この文書を使って 目次を自動作成する操作を見ていきましょう Word で目次を自動作成するには 文書内に見出しレベルが 設定されている必要があります この文書には既に見出し1と 見出し2が適用されています ナビゲーションウィンドウでも その様子を確認できますね 例えば「はじめに」という箇所を クリックすると 「はじめに」という箇所にカーソルが移動し その位置には既に スタイルギャラリーを見ると 見出し1が適用されています その他にも「エントランス」や 「ホール」といった各内容のタイトルには 見出し1が適用されています また 「参考資料」の内容である 「アンケート結果」― 「オーダーフロー図」といった サブタイトルには 見出し2が適用されています このように今回の文書には既に アウトラインレベルが 2まで設定されているので このレベルを使って 目次を自動作成できます では 見てみましょう 文書の先頭にカーソルを戻します ナビゲーションウィンドウの「先頭に ジャンプします」のボタンをクリックすると 素早く文書の先頭にカーソルを移動できます 目次を作成するのは この先頭ページ 1ページ目の7行目なので 7行目にカーソルを移動しましょう 目次の挿入に使うタブは「参考資料」タブです では 「参考資料」タブをクリックしましょう 一番左のグループ 「目次」グループの 「目次」ボタンをクリックします 「ユーザー設定の目次」をクリックします 「目次」ダイアログボックスが表示されました 先ずは一番下の「アウトラインレベル」 今回は見出し1と見出し2を使うわけですから アウトラインレベルは「2」とします 印刷イメージが上で確認できるので その様子も確認しながら設定しましょう 「書式」は「任意のスタイル」となっています 下向き三角で色々な書式を選択できます 今回は「フォーマル」を選択しましょう 「フォーマル」をクリックします 「印刷イメージ」で様子を確認します ページ番号を表示します またページ番号を右揃えにしますので 両方にチェックがついていることを確認し 「 OK 」ボタンをクリックします これでカーソルがある位置に 目次が自動作成されました このように 文書内に組み込みスタイルの 見出しが適用されていると アウトラインレベルを使って こんなにも簡単に目次を作成できます また 作成した目次に マウスポインタをポイントすると 「Ctrl キーを押しながらクリックして リンク先を表示」とコメント表示されます Ctrl キーを押さえるとマウスポインタの 形が指差しマークに変化するので ここでクリックすると該当ページまで 画面を自動的にスクロールし ジャンプできます もう一度 先頭ページに戻っておきましょう ナビゲーションウィンドウの「ページの先頭に ジャンプします」をクリックして 素早くジャンプして 先頭ページに戻っておきます また 目次はフィールドとして 挿入されているので 目次を作成した後で 文書の内容を変更した場合 目次は簡単に更新できます では 目次の更新を見てみましょう 目次を更新するには「参考資料」タブの― 「目次」グループの 「目次の更新」ボタンをクリックします 「目次の更新」ダイアログボックスが 表示されるので ここでページ番号だけを更新するのか 目次をすべて更新するのかを選択し 「 OK 」ボタンをクリックすると 目次を現在の最新の状態に更新できます 例えば 目次を作成した後に ページを増やした場合 ページ番号も変わってくるし 文書内に新たに見出しレベルを設定した場合 その項目を目次に登場させることもできます このように 目次は 自動的には更新されないので 文書の内容を変更した後は 目次の更新を忘れないようにしましょう 因みに 作成した目次を削除するには― 「目次」ボタンをクリックし 「目次の削除」 コチラをクリックすると 目次を削除することが可能です 今回は確認だけなので 文書内をクリックして キャンセルしておきましょう このレッスンでは 目次の作成について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。