Word 2013 基本講座

マクロを実行する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マクロの実行について解説します。マクロを実行すると記録した一連の操作は1つのコマンドとして実行でき、記録した内容を「再生」するように繰り返し実行できます。
02:41

字幕

このレッスンでは マクロの実行について解説します マクロを実行すると記録した一連の操作は 1つのコマンドとして実行でき— 記録した内容を「再生」するかのように 繰り返し実行できます 使用するのは tyousa2 のマクロ有効文書です マクロを含むファイルを開こうとすると— 「セキュリティの警告」という 黄色いメッセージバーが表示されます 現在マクロは無効になっています そこでこのマクロ有効文書が— 信頼できる作成元からのマクロである と分かっている場合には— 「コンテンツの有効化」という ボタンをクリックし— 信頼出来るドキュメントとして— ファイルを開いて マクロを実行することが出来ます 信頼出来るドキュメントとなったファイルは— 次からはこの黄色いメッセージバーは 表示されません では「コンテンツの有効化」ボタンを クリックし マクロを有効にして活用します これで信頼出来るドキュメントとなり マクロが活用出来る状態となりました では表内の一項目めの 時刻を挿入するセルにカーソルを移動し— 「時刻の挿入」のマクロを実行してみましょう 「表示」タブをクリックします 右端のマクログループの 「マクロ」の表示ボタンをクリックします マクロのダイアログボックスが 表示されましたら— 時刻の挿入が選択されていることを確認し— 実行ボタンをクリックします これでカーソルのある位置に 現在の時刻を挿入することが出来ました マクロを実行する際に表示する マクロのダイアログボックスは— ショートカットキーを使って 表示することも出来ます では試してみましょう 2項目めの「時刻を入力するセル」に カーソルを移動しましょう マクロのダイアログボックスを表示する ショートカットキーは— Alt + F8 キーです では Alt キーを押したまま F8 キーをタイプします するとマクロのダイアログボックスが 表示されましたね ここで使用するマクロ「時刻の挿入」が 選択されていることを確認し— 右にある「実行」ボタンをクリックします これで先程と同様に時刻を挿入するマクロを 実行することが出来ました このようにマクロ機能を利用すると 通常の操作では時間がかかる複雑な作業を— 自動化しすばやく実行することが出来ます このレッスンでは マクロを実行する操作について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。