Word 2013 基本講座

変更履歴を記録する、承諾する、元に戻す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
変更履歴の活用について解説します。複数ユーザーで文書を編集する際におすすめの機能です。文書への変更をユーザーごとに記録して区別することができ、変更履歴を確認しながら作業を進めることができます。
04:46

字幕

このレッスンでは変更履歴の 活用について解説します 文書への変更をユーザーごとに記録して 区別することが出来 変更履歴を確認し承諾したり 元に戻したりしながら 作業を進めることが出来ます 使用するのはインテリアフェア の ファイルです ではこの文章を使って まずは変更履歴を記録するところから 見ていきましょう 使用するのは「校閲」タブです 「変更履歴」グループの 「変更履歴の記録」ボタンの上部を クリックすると 記録を開始することが出来ます ボタンに色が付きました 変更履歴の記録中であるということを ボタンでも確認出来ます ではこれ以降行った操作は記録されます 今回は3 箇所変更してみましょう まずは日付の19 を22 に変更します 変更履歴の記録中は変更した内容は記録され 左の余白には赤い縦線が表示されました この箇所を変更してみますというサインです また「変更履歴」のグループの 一番上の「変更内容の表示」には 今「シンプルな...」となっていますが 下向き三角をクリックし 「すべての変更履歴」こちらをクリックすると 変更した詳細内容を確認することが出来ます では「すべての変更履歴の表示」 のままで使っていきましょう 変更箇所が良く分かります では次に変更するのは タイトルの「インテリアフェア開催のご案内」 斜体にしてみましょう 文字が選択されたことを確認し 「ホーム」タブ>「斜体」ボタン をクリックします これで「この箇所は斜体に変更されました」 と表示されましたね では続いて電話の前に 担当者名を入れておきます 電話の前にクリックでカーソルを出し 今回は― 「担当者: 鈴木」と入力して Enter キーで改行しておきましょう 新たに入力した文字列は 赤い色で表示されていますね このように変更履歴の記録中は 変更した内容が記録されていきます では記録を停止するには 「校閲」タブの― 先ほど使った「変更履歴の記録」ボタンの 上部をクリックします これで変更履歴の記録を ストップすることが出来ます では次に変更履歴を確認しながら 作業を進めていきましょう 文書の先頭にカーソルを移動します これは文書の先頭から 履歴を確認していくためです 変更履歴の確認と反映に使用するのは 「変更箇所」グループのボタンです 「承諾」ボタンや「元に戻す」ボタン― 「前へ」ボタンや「次へ」ボタンを 使っての操作となります では「次へ」ボタンをクリックしましょう すると文書内の変更箇所 1 箇所目が選択されました 19 を削除したという箇所ですね では承諾しますので 「承諾」ボタンをクリックします すると19 が消えて22 が選択されました 22 の入力も承諾しますので 「承諾」をクリックします すると次の箇所に移動しましたね 「インテリアフェア開催のご案内」 ここは斜体に変わりましたということです 今回は元に戻しますので 「元に戻す」をクリックします このように「承諾」ボタンや 「元に戻す」ボタンを使いながら 作業を進めていきましょう ちなみにそれぞれの下にあります 下向き三角をクリックすると すべての変更を反映させることも出来ます では次に選択されたのは 「インテリアフェア部」というコメントです ではこのコメントは削除しておきますので 「元に戻す」ボタンをクリックすると コメントが削除出来ます では最後の変更箇所 「担当者: 鈴木」という箇所ですね こちらは承諾しますので 「承諾」ボタンをクリックします すると「文書にはコメントまたは変更履歴が 含まれていません」― というメッセージが表示されました これですべての変更箇所を処理することが 出来ました 「OK」ボタンをクリックしましょう このように変更履歴を活用すると 文書の変更を確認しながら 作業が出来ますので 複数ユーザーで文書を編集する際に お勧めの機能です このレッスンでは 変更履歴の記録/承諾する/元に戻す操作 について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。