Word 2013 基本講座

文書内の編集を制限してデータを保護する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書の保護について解説します。文書内の情報を変更されないように制限できます。部分的に編集を許可することも可能です。文書を保護することで情報の改ざんや消去などを防ぐことができます。
06:07

字幕

このレッスンでは 文書の保護について解説します 文書内の情報を変更されないように 制限できます 部分的に編集を許可することも可能です 使用するのは order form のファイルです こちらの文書を使って 文書の保護について見ていきましょう 文書を保護することで情報の改ざんや 消去を防ぐことができます 今回はこの注文書を誤って 改ざんされないように保護します 但し変更する必要がある 注文書の表や 会社名や担当者を入力する所は 保護はかけません 編集可能にするということです ではやってみましょう 使用するのは「校閲」タブです 「校閲」タブをクリックしましょう 一番右端の保護グループの中の 「編集の制限」をクリックします すると「編集の制限」という作業ウインドウが 文書ウインドウの右に表示されました ここで書式を制限したり 編集の制限をしたり 最終的には保護を開始するー という順序で見ていきましょう まずは書式の制限です 今回は書式設定はすべて変更できないように 設定してみたいと思いますのでー 「利用可能な書式を制限する」に チェックをつけて 下にあります「設定」の項目をクリックします すると「書式の制限」という ダイアログボックスが表示されましたね ここで今回は許可するスタイルもありません すべてのスタイルを無効にしますので 「なし」をクリックしー 下にあります「 OK 」ボタンをクリックします すると「この文書には許可されていない書式 またはスタイルがー 含まれている可能性があります」 「書式をクリアしますか」とでましたね ここは要注意です ここで もし「はい」をクリックしてしまうと 既に設定されている書式設定も すべて解除されてしまいます 今回はこれから保護した後は制限するが 今設定されている書式は有効にしますのでー ここでは「いいえ」ボタンを クリックしましょう 「いいえ」ボタンをクリックし メッセージを閉じます すると既に設定されている書式は有効ですね これで書式の制限をかけて 書式が変更できないように設定できました では続いて編集の制限です ユーザーに許可する編集の 種類を指定しますのでー チェックボックスにチェックをつけ 「編集不可」にします 読み取り専用と設定しましょう 次に例外オプションです 文書内では保護をかけた後も 編集したい箇所がありますよね そこには例外オプションの設定が可能です では今回例外オプションを設定するのは こちらに挿入されている Excel の表 数量を変えたり 単価を変えたりということもありますよね よって Excel のオブジェクトを クリックで選択し 右にある作業ウインドウの中から 「すべてのユーザー」にチェックをつけます こうするとこの Excel の表はー すべてのユーザーが編集できる 例外オプションとなります その他にも 会社名を入力する位置やー 担当者名を入力する行 そして住所 電話番号 それからー 支払方法 納品日 納品時間の所も 編集は必要ですのでー 選択をして 「すべてのユーザー」の チェックボックスにチェックをつけます これで指定した所は保護をかけた後も 編集が可能になります このように保護を開始する前には 編集が 必要な個所は例外オプションを設定しましょう ではこれで設定は完了ですので 一番下のー 「はい、保護を開始します」のボタンを クリックします すると「保護の開始」というボックスが 表示され パスワードの指定が可能です パスワードを指定するとパスワードを 知っている方のみ保護を解除できます 今回も適当なパスワードを設定して 「 OK 」ボタンをクリックします これで保護は完了です では文書内を確認してみましょう 例えば「ホーム」タブをクリックして 「ホーム」タブを表示しても 「ホーム」タブのボタンは使えませんね というのも書式は制限されて 書式設定ができないようになっているからです また 編集を許可していない文字列の位置に カーソルを移動しー 文字を入力しようとしても 文字を削除しようとしても 操作は実行できません 保護がかかっているからですね しかし先ほど例外オプションを設定した Excel の表や会社名の欄などはー 入力が可能です 例えば会社名の欄に 入力欄にカーソルを移動しー キーボードから文字を入力していくとー この様に文字をしっかりと 入力することができー 勿論削除もできます 編集が可能な例外オプションが 設定されているからです Excel の表もオブジェクト上を ダブルクリックするとー ワークシートが起動し 中の数量を変更できます では数量 20 に変更して 金額も変わりました ワードの文書内をクリックすると これで数量を 20 にし 金額も 17000 と 更新されていますね ちなみに保護を中止して 保護の解除を行う時にはー 作業ウインドウ内の一番下に 「保護の中止」というボタンがありますので この「保護の中止」ボタンをクリックすると パスワード入力を求められます ここで保護を開始する時に入力した パスワードを入力しー 「 OK 」ボタンをクリックすると 保護を解除することができます このレッスンでは 文書の保護について解説しました

Word 2013 基本講座

Microsoft Wordは文書を作成するための高機能なワープロソフトです。このコースではWord2013の使い方を基本から説明します。具体的には文章の入力や編集から書式やページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能やマクロの利用などすぐに役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ解説します。

5時間50分 (74 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Word Word 2013
価格: 3,990
発売日:2015年09月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。