MotionBuilder 入門

階層構造の作り方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではアニメーションをする時にとても重要になってくる、階層構造の組み方について解説します。
講師:
03:57

字幕

このレッスンでは、アニメーションをするときに重要な階層構造の組み方について解説します。まず、File > Open をクリックして01_05 というシーンを開きます。Open ボタンをクリックします。いくつかのオブジェクトを1 つのグループとして一緒にアニメーションとするときに、階層構造が大切になってきます。ここに車のモデルがあるんですが、この車体やタイヤやスキーラックこれらのパーツは独立していて階層構造を持っていません。ですから、こんなふうに車体を選択して移動させても他のパーツが追随してくれません。Ctrl+Z を押して元に戻します。このタイヤと車体とスキーラックを一緒に動かしたいと思います。では、それをするために、Navigator を使って階層構造を作ってみましょう。この作業は、 Maya のアウトライナーでの作業ととても似ています。まずこの Scene の横の+ボタンを押します。こんなふうに Car_Body、SkiRack、それぞれのタイヤが独立して存在しています。階層構造を作るには、この Navigator でオブジェクトを左マウスクリックして親となるオブジェクトにドラッグしてマウスボタンを離すだけです。 例えば、この SkiRack を選んで、そして左マウスクリックを押したままドラッグしてCar_Body に持って行きます。そしてマウスボタンを離します。メニューが現れるんですけれども、この一番上が Parent といって親子関係を結ぶオプションです。これを選ぶと、車体の方を親にして階層構造を組むことができます。メニューの下のほうには、この Align と言ってオブジェクトを整列させる便利なツールがあったり、また、この Rendering Assets のオプションがありますけれども、今回は、この Parent 親ですね、これを選びます。これを選ぶことによって、このスキーラックは車体の子供になりました。この横の+サインを押すと、ここにスキーラックが存在するのがわかります。この − ボタンを押して階層構造を閉じます。車体の下にはたくさんのエレメントがあるんですけれども、これは車体をレンダリングするときのボディとかクロームとかいったマテリアルになります。このタイヤも一緒に全部、車体の子供にしてしまいましょう。この一番上のタイヤを選んで、Shift キーを押しながら一番下のタイヤを選ぶと、全部のタイヤを一度に選べます。 次に左マウスでクリックして、車体の上にドラッグ、そしてマウスボタンを離します。そして、この Parent を選びます。こうすると、この車体を選んで動かすだけで、すべてのパーツが車体の子供として追随するので、1 つのユニットとして一緒に移動、そしてアニメーションできるようになります。Ctrl+Z を押して元に戻します。オブジェクトを高層階層から外すのも簡単で、まず外したいオブジェクトを、例えば、このスキーラックですね、選びます。そして右マウスクリックして、この Unparent > Confirmというのがありますので、これを選びます。すると、この Navigator で見るとわかりますがSkiRack が Car_Body の階層構造から外れたのがわかります。オブジェクトをアニメーションするときは、いくつかのパーツを一緒に動かす必要が出てきます。そのようなときに、この階層構造を組むことがとても重要になってくるわけですね。このレッスンでは、階層構造の組み方について解説をしました。

MotionBuilder 入門

MotionBuilderはたくさんのスタジオで使用されている3Dキャラクターアニメーションのためのソフトです。このコースではMotionBuilderのユーザー・インターフェースや、どうやってシーンを整理するか、またどうやってアニメーションをつけるのかを簡単なプロジェクトで実際に動かしながら学ぶことができます。

2時間28分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
MotionBuilder MotionBuilder 2013
価格: 2,990
発売日:2015年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。