MotionBuilder 入門

グループの組み方

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではシーンを整理するのに便利な方法であるグループの作り方、そしてそのオプションについて解説します。
講師:
04:34

字幕

このレッスンでは、シーンを整理するのに便利な方法でやるグループの作り方、そしてそのオプションについて解説します。まず「File」そして「Open」を選んで01_06 というシーンを選びます。Open ボタンを押します。たくさんのオブジェクトがあるシーンを整理するには、それぞれのオブジェクトをわかりやすくグループ化することが有効です。グループ化することによってそれぞれのグループを選択できないようにしたり、見えなくしたりして、作業効率を上げることができます。こういうキャラクターと大道具のあるシーンがあります。この後ろのベンチは、多分一度も選択しなくて良いと思われます。間違って選べないようにしたいところです。ですのでこのベンチをグループ化して、選択できないようにしましょう。この右下の Resourcesパネルですね、ここに Groups というタブがあります。Asset Browser のすぐ横にGroups というタブがありますので、これをクリックしてください。そしてこのビューポートでベンチを選んで、この Groups のパネルのCreate というボタンを押します。すると、このようにグループが作られます。 この Group と書かれたところ、ここを左マウスでダブルクリックして、名前をバックグラウンドの略であるBG にします。Enter キーを押して確定します。グループにしたものは、この右の 3 つのチェックボックスでオプションを選べます。まずこの一番左のこのShow というチェックボックスで、このグループを表示したり、チェックがある場合は表示します。チェックを外すと隠したりできます。この真中の Pick というチェックボックスのチェックを消すと、このグループが選択できなくなります。そしてこの Trs というチェックボックス、チェックが無い状態だと、オブジェクトをピックしても移動や回転やスケールなどのトランスフォームができなくなります。次にこのキャラクターのメッシュを選んで、またグループを作ってみましょう。Create ボタンを押して、このグループの名前はキャラクターのメッシュなのでMesh という名前にします。キャラクターにアニメーションをするときに、キャラクターのコントロールリグは選択したいけどメッシュ自体を選びたくないという場合があります。なのでこの場合、このグループのPick と Trs を消しておきます。 そうすることによってこのキャラクターを選べなくなりますが、コントロールは選べます。このグループの下のパネルのボタンでこれらのグループを、例えば Mesh を複製したい場合、Duplicate を押して複製したり、またこれを消したい場合はDelete、そのグループをアップデートしたい場合はUpdate ボタン、またこの Mesh をこの BG の上に持ってきたい場合はMesh を選んで Move Up ボタン、そしてこの Mesh をBG の下にしたい場合はMove Down ボタンを押して位置を変えることができます。そしてこのオブジェクトを例えばグループから外したい場合、こちらのナビゲータのパネルで行います。このグループの横にあるこの−のボタンを押して、BG というのを開きます。するとそこにこのベンチが入っています。このベンチをこのグループから外したい場合は、この Bench の上で右マウスを 1 回クリックして、チョイスの中にこの「Detatch Bench From BG」というのがありますので、この「Detatch BenchFrom BG」というのを左マウスでクリックします。するとさっきのベンチがこの BG というグループから消えました。 もう一度この BG というグループに入れたい場合は、この Scene を選んで、そこにこの Bench がありますのでこれを階層構造を組む時のように左マウスドラッグしてこの BG に持って行き、そしてボタンを話せばこの「Add to Group」というメニューが出てきますのでこれをクリックして、BG にベンチを入れることができます。こうやってグループを作ってシーンを整理することによって、作業の効率化が図れます。このレッスンでは、グループの作り方グループのオプションについて解説しました。

MotionBuilder 入門

MotionBuilderはたくさんのスタジオで使用されている3Dキャラクターアニメーションのためのソフトです。このコースではMotionBuilderのユーザー・インターフェースや、どうやってシーンを整理するか、またどうやってアニメーションをつけるのかを簡単なプロジェクトで実際に動かしながら学ぶことができます。

2時間28分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
MotionBuilder MotionBuilder 2013
価格: 2,990
発売日:2015年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。