MotionBuilder 入門

キャラクターを用意する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、MotionBuilderで使うキャラクターをMayaや他の3Dアニメーションのソフトで、どの様にセットアップして書き出すかについて解説します。
講師:
05:02

字幕

このレッスンでは、MotionBuilder で使うキャラクターをどう描き出すかについて解説します。MotionBuilder は、キャラクターにアニメーションを付けることに特化しています。そして MotionBuilder のキャラクターツールを効率的に使うには、キャラクターのスケルトンをMotionBuilder で使うことを考えて作る必要があります。このことを踏まえて、MotionBuilder でスケルトンの何が必要なのかを考えて、キャラクターを描き出したり読み込んだりしてみましょう。今回は Maya を使って解説しますが、FBX のファイルフォーマットを描き出せるソフトなら何でもサポートされています。では、スクリーンをMaya の方に移行します。最小化します。Maya のスクリーンなんですけども、これはとても簡素なロボットのモデルです。このモデルの中にまた、シンプルなスケルトンが入っています。ほとんどの 3D アニメーションパッケージで使われているのと同じようなスケルトンになっています。このスケルトン自体は「シェーディング」>「X 線表示」これを付けて、透けて見えるようになります。 スケルトンの構造は、このような決まった構造になってます。例えば、この腰の部分。英語で言うと、この Hips という所ですね、これがまず、必要になってきます。これがすべてのスケルトンのルートになります。そして、背骨も数個必要になります。1つでも良いですし、好きなだけ作ることもできます。あと、足も左右にジョイントが必要になります。それに加えて、この上の腕の部分。これは腕の上に肩というジョイントがあると、なお良いです。そして首と頭のジョイントも作りましょう。それから、それぞれのパーツの名付け方がとても大切になります。MotionBuilder が、その付けられた名前によって対応を変えてくれます。例えば左上の場合はこの L という大文字の、Left ですね、それの略が付きます。右側だと Rこのようになります。始める前に、このスケルトンの全てのジョイントが正しい角度位置にあるようにしましょう。例えば、腕はまっすぐ水平になるようにします。どうしてそうするかというと、モーションキャプチャなどする時にT ポーズと呼ばれる腕をまっすぐ水平にしたポーズから始めることが多いからです。キャラクターとスケルトンがすべて設定出来たら、デフォーメーション、いわゆるスケルトンによるキャラクターモデルの変形が出来ている状態にします。 このジョイントをこう曲げると、肩の部分が変形しているのが分かります。そして、これらの作業が終われば書き出すことができます。それぞれ使われている3D アニメーションのソフトでこのやり方は違いますがMaya の場合は「ファイル」>「すべて書き出し」そして、オプションボックスを選びます。そして、「ファイルタイプ」をFBX にして、FBX は、この下から 2 番目のFBX_export というのを選びます。もう書き出してあるので「すべて書き出し」ボタンを押しませんが、これを押すことによって、FBX ファイルのこのモデルとジョイント、スケルトンを書き出すことができます。次に MotionBuilder に移ります。一度書き出せば MotionBuilder でFile > Open として、この場合は 03_01これですね、これを開きます。すると、同じようなモデルとジョイントが表示されます。次に、この Display > X-Ray を付けます。これを付けることによってジョイントを見ることができます。そして、この肩のジョイントを選んでみて、回転させて、変形が上手く書き出されたか調べてみましょう。問題なく書き出されています。 ここまで来れば、アニメーションの作業自体を始めることができます。ただ、今すぐこのアニメーションを始めてもMotionBuilder を使うメリットは得られません。スケルトンをキャラクタライジングという作業をして、アニメーションをしやすくする必要があります。このレッスンでは、MotionBuilder で使うキャラクターをどう書き出すかについて解説しました。

MotionBuilder 入門

MotionBuilderはたくさんのスタジオで使用されている3Dキャラクターアニメーションのためのソフトです。このコースではMotionBuilderのユーザー・インターフェースや、どうやってシーンを整理するか、またどうやってアニメーションをつけるのかを簡単なプロジェクトで実際に動かしながら学ぶことができます。

2時間28分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
MotionBuilder MotionBuilder 2013
価格: 2,990
発売日:2015年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。