MotionBuilder 入門

キャラクターをコントロールリグでアニメーションする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではコントロールリグを使ってキャラクターにアニメーションをつける方法について解説しました。
講師:
04:53

字幕

このレッスンでは、コントロールリグを使ってキャラクタにアニメーションをつける方法について解説します。コントロールリグがついたので、キャラクタを自由に動かせるようになりました。では、アニメーションをつけてみましょう。キャラクタを選択する時、KeyControls パネルに新しいコントロールがついたのがわかります。以前のように移動、回転、スケールの上にFull Body と Body Parts というオプションがつきました。Full Body だと体全体にキーを一度に打つことができ、Body Parts だと選択されたパーツだけにキーを打つことができます。例えば、腕だけとか、足だけという感じです。では、キャラクタを動かして全身を使ったアニメーションをつけてみましょう。腰をまず選びます。時により、ビューポートで選んだり、また、コントロールパネルで選んだり、どちらかが簡単なことがありますので、いずれかの方法で選びます。そして、移動を選んで少し腰を落とします。そして足も選び、足を少し広げ、そして両腕を下げます。こちらで選んだほうが簡単な時もあります。回転を選んで、下げます。こちらも選んで、下げます。 スクリーンがかなり小さいので見えにくいですが、 これで良いとします。ここでキーを打ちますが、今回は全身に一度にキーを打ちます。フレーム 1 なのを確かめて、Key ボタンを押します。こちらが Full Body になっていないといけないですね。Full Body にしてから、キーを打ちます。すると、ここに赤いキーフレームが打たれます。この赤い印は、このキーが Full Body (全身)のキーだということを示しています。では、時間を少し進めて、もう1つキーを打ちましょう。重心を少し反対側に持って行きます。こちら側ですね。腕もちょっとだけ動かしてみましょう。こんな感じです。そして、もう一度Key のボタンを押します。これが Full Body であることを確かめてください。すると、また赤いキーが打たれ、このフレームと、このフレームの間にアニメーションが発生します。ここで例えば、手を振ってほしいとなると、肩のパーツをアニメーションさせることになります。タイムラインを少し進めてそして、この左腕を上にあげましょう。こんな感じです。手首も回転させて手のひらが見えるようにします。そして、前腕の部分を少し回転させて、真っ直ぐにならないようにします。 この部分ですね。そして次は、このBody Parts のキーを打ちます。この肩の部分とそして、手首の部分全てにキーを打ちます。すると、このようなアニメーションができます。今回は、キーが赤ではなく緑になっているのが見えます。これを見れば、これは Body Parts のキーだというのがすぐわかります。また少し時間を進めて、肩を回転させてもう一度キーを打ちます。するとまた、この緑のBody Parts のキーが打たれて、アニメーションしているのがわかります。これらは Body Parts のキーなので、キーが打たれたパーツ以外は別にアニメーションをつける必要があります。例えば、ここで肩を選んで、前腕は別のフレームでアニメーションできます。そして体のどのパーツでも別にキーを打つことができます。こんなふうに、体全体や別々のパーツ毎にアニメーションができるので、とても使い勝手がいいです。このレッスンでは、コントロールリグを使ってキャラクタにアニメーションをつける方法について解説しました。

MotionBuilder 入門

MotionBuilderはたくさんのスタジオで使用されている3Dキャラクターアニメーションのためのソフトです。このコースではMotionBuilderのユーザー・インターフェースや、どうやってシーンを整理するか、またどうやってアニメーションをつけるのかを簡単なプロジェクトで実際に動かしながら学ぶことができます。

2時間28分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
MotionBuilder MotionBuilder 2013
価格: 2,990
発売日:2015年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。