MotionBuilder 入門

一カ所で歩くサイクルモーションデータを作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではモーションデータを編集して歩くサイクルアニメーションを作る前準備の方法について解説します。
講師:
05:14

字幕

このレッスンでは、モーションデータを編集して1か所で歩くサイクルアニメーションを作る前準備の方法について解説します。モーションデータにサイクルをかけて、アニメーションを作ってみましょう。ここに基本となるキャラクターがいて、シンプルな歩行のアニメーションが施してあります。実際には立っているアニメーションから歩くアニメーションに移行するようになっています。では、これらのステップをサイクルアニメーションに変えて、1か所で歩くアニメーションにしてみましょう。これが上手くいくようになるには、いくつかの条件が必要になります。まず、1か所で歩くことが必要です。また、キャラクターを一方向の軸に沿わせる必要があります。そして、アニメーションがスムーズにいくようにループさせないといけません。このキャラクターを見ると、歩き方は一方向なんですが、歩いている方向が1つの軸に沿っていません。ちょうど画面の向こう側に歩いていくようになっています。これを正すには、1つの場所でまず動くように処理する必要があります。では、1か所で歩くようなアニメーションをまず作ってみましょう。まず、このキャラクターのコントロールリグを選びます。 このフィルターから ROBOT を選んで、そして、この左向きのBack という矢印を押します。すると、この Character Settings というタブが開きますので、この下の方にある Modifiersこれですね、これを開きます。その中に In Place ...これですね... というオプションがありますのでこれの Lock X、Y、Zこれを使います。これを使って X と Y と Z の動きをロックすることができます。Y 軸は腰の上下に必要になりますので、今回は X と Z だけロックします。そしてアニメーションを見てみると、こんなふうに、キャラクターは1か所でアニメーションをして、コントロールリグだけが勝手に前に進むようになります。これどういうことかというと、キャラクターのスケルトンがコントロールリグから離れて動くようになっています。まずキャラクターのスケルトンが見えるようにしてみましょう。こちらから Show/Hide >Skeleton をつけます。するとこんなふうに、スケルトンがキャラクターにとどまっているのが分かります。次のステップでは、このアニメーションをスケルトンにベイクします。 ベイクすることによってコントロールリグが必要でなくなります。この ROBOT というキャラクターが選択されているのを確かめてからメニューを開き、Bake (plot) To Skeleton を選びます。これを選びますとコントロールリグが消えて、このスケルトンにアニメーションが直にベイクされた状態になります。ジョイントをこうやって選びますと、分かるように全てのフレームにキーが打たれています。このデータを編集してサイクルアニメーションを作ります。この作業に入る前に、キャラクターの歩く動きが完璧に Z 軸に沿ったようにしないといけません。ではまず、このキャラクターの腰の骨ですね、この骨になります。この View を押しまして、Orthographic >Producer Top というのを選びます。そして上から見ると分かるんですが、この腰の骨、まっすぐ向いていません。すこし 12 度くらい横になっています。これを正す必要があります。まず初めに、この FCurves のタブを開きまして、この Rotation のこれ今 RobotSkeleton のHips が選ばれています。この Rotation の Y を選びます。 フレームボタンを押してフレームして、今アニメーションが打たれているのが分かるので、では、この3つのキーいらないキーですね。これを選んで Delete キーを押します。キーボードの Delete キーを押して消します。次に、この y のこれですね。ここに 0 をインプットしてください。すると、このキャラクターが Z 軸に沿って前を向くようになります。こんなふうになります。このようにして、キャラクターが1か所にとどまって歩く。そしてキャラクターが Z 軸に向かって、まっすぐに歩けるように変更してあげます。このレッスンでは、モーションデータを編集して歩くサイクルアニメーションを作る前の準備の方法について解説しました。

MotionBuilder 入門

MotionBuilderはたくさんのスタジオで使用されている3Dキャラクターアニメーションのためのソフトです。このコースではMotionBuilderのユーザー・インターフェースや、どうやってシーンを整理するか、またどうやってアニメーションをつけるのかを簡単なプロジェクトで実際に動かしながら学ぶことができます。

2時間28分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
MotionBuilder MotionBuilder 2013
価格: 2,990
発売日:2015年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。