Lightroom CC/6の裏技とティップス

スマートコレクションの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自動的に特定の条件を満たす写真をまとめる「スマートコレクション」の特徴について解説をします。使用目的に合わせたグルーピングが可能となる、非常に優れた機能ですから、ぜひとも活用しましょう。
講師:
06:37

字幕

このレッスンでは、自動的に特定の条件を満たす写真をまとめるスマートコレクションの特徴と、条件のネスト化の方法について解説をします。膨大な写真を管理したりまとめる際に、Lightroom のカタログで分けてしまうと、カタログを切り替えるときにLightroom を再起動する必要がありますし、またカタログをまたいでグルーピングすることは出来ないため、その際は複数のカタログを結合しなければなりません。そこで Lightroom には、カタログの中にコレクションやスマートコレクションというグルーピングの設定がありますので利用しましょう。カタログでは写真を大きな目的でまとめておき、コレクションやスマートコレクションで細かな目的でグルーピングをすると、効率よく使うことができます。コレクションはまさにカタログの下部階層ともいえるグループで、カタログにある写真の画像を目的に合わせて手動でグルーピングします。コレクションをまとめて内包することができるコレクションセットを作成するには、ライブラリモジュールのコレクションパネルの新規コレクションをクリックして、表示されるメニューからコレクションセットを作成を選びます。 コレクションセット作成ダイアログでは、任意の名称を入力してコレクションセットを作成します。デフォルトではコレクションセットという名称になっていて、何を目的に作成したコレクションセットなのか分かりづらくなってしまいますから、目的に合わせた名称を付けた方がいいでしょう。コレクションに対しスマートコレクションは、予めグルーピングの条件を設定すればその条件に適合した写真を自動的にグルーピングする機能です。レーティングやフラグ、ラベル、キーワードといった Lightroom 上で付記した情報だけでなく、撮影したカメラやレンズ、露光量や撮影日時、ファイル名など条件として細かく設定して、それに適合した画像を自動的にグルーピングします。条件を複数掛けたり、またネスト化、つまり階層化して条件を作ったりできますので、非常に細かなグルーピングが可能です。スマートコレクションの作成は先程のコレクションセットの作成と同じく、ライブラリモジュールのコレクションパネルの新規コレクションをクリックして、スマートコレクションを作成を選びます。スマートコレクションを作成ダイアログでグルーピングする条件を設定します。条件設定では大きな-条件で範囲を決めた上で、それ以下の条件をネ-スト化して付加します。 大きな条件としてここでは既存のフォルダを指定します。所有者または著作権保持者からフォルダを選びます。次を含むで既存のフォルダここでは 201503GUAM というフォルダを指定します。この条件下でさらに条件を付けたい場合はネスト化をします。ネスト化をする条件はMac では Option キーを、Windows では Alt キーを押しながら右側のボタンをクリックします。これにより細かな条件を設定できますので非常に特化したグルーピングつまりスマートコレクションが作られます。ここでは以下のいずれかが一致 でラベルカラーで 次の通りでグリーンを選びます。さらに + をクリックして条件を追加します。同じくラベルカラーで次の通りで今度はブルーを設定します。私はラベルカラーのグリーンを現像済み、ブルーを採用予定と定義づけているので、スマートコレクション名をここではGUAM2015_現像済みと入力しています。これにより 201503GUAMフォルダの中のグリーンと ブルーのラベルカラーの付いた写真を自動的にまとめたスマートコレクションが出来上がりました。他にも例えば、通常使用しているカタログから海外で撮影した写真を集めたい時や渡航機関の特定の人物のグルーピング、海外旅行の特定の場所、夕焼けの写真など特定の時間のグルーピングといったスマートコレクションを作成しておけば、その後でフォトブックやウェブフォトギャラリーの作成にも簡単に活用できます。 以上、スマートコレクションで条件をネスト化するなどして、細かくグルーピングする方法について解説をしました。非常に優れたグルーピングの機能ですから是非とも活用しましょう。

Lightroom CC/6の裏技とティップス

Lightroom CC/6はカタログを最適化したり、データの効率化により処理速度を上げたり、面倒なキーワード付けやスマートコレクションの作成を容易にしたりすることが可能です。このコースではこれらのさまざまな機能に加え、各種レタッチツールや現像用プリセットの作成と活用、写真の補正前後の比較や選別をスムーズに行うテクニックなどを多数解説します。

3時間53分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。