Lightroom CC/6の裏技とティップス

ターゲット調整ツールによる補正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
トーンカーブおよびHSLやB&Wパネルに用意されている「ターゲット調整ツール」の切り替えと、調整の便利な使い方についての解説です。色相、彩度、輝度および白黒、トーンカーブをそれぞれショートカットキーで操作します。
講師:
03:58

字幕

このレッスンでは、ターゲット調整ツールの切り替えと調整の便利な使い方について解説します。ターゲット調整ツールは、「トーンカーブ」及び「HSL」パネル、そして「B&W」パネルに用意されています。通常はこのターゲット調整ツールをクリックして選択して、写真の明るくしたい部分や色を調整したい部分を直接ドラッグして調整するというものですが、ショートカットキーを使うと更に便利に切り替えて使えます。「HSL」パネルの輝度を選んでターゲット調整ツールをクリックします。写真の明るさを調整したい箇所にマウスポインタを重ねます。例えば、ここでは背景の緑色の部分にポインタを置き、上向きの矢印キーを押し続けると、緑色が明るく薄くなります。下向きの矢印キーを押し続けると緑が濃くなっていきます。同時に「グリーン」のスライダーが連動しています。色相に切り替えて、同様に矢印キーで該当する色のみ色相を調整することができます。Mac では Option + Shift+ Cmd + H キーで色相、また Option + Shift +Cmd + S キーでOption + Shift +Cmd + L キーで彩度に、輝度に切り替えられます。 Windows では Alt +Shift + Ctrl + H キーで色相、Alt + Shift + Ctrl +S キーで彩度、Alt + Shift + Ctrl+ L キーで輝度に切り替えられます。ですから、ターゲット調整ツールのポインタをここでは 花の上に置いて、ショートカットキーで色相に切り替えて矢印キーで色相を変化させたり、またショートカットキーで彩度に切り替えて同じ個所の色を強調したり、また 輝度に切り替えて同じ個所の色の強弱を調整します。また、そのまま Mac ではOption + Shift +Cmd + G キーで、Windows では Alt +Shift + Ctrl + G キーでB&W に切り替えて白黒化し、一度ドラッグして該当するカラーの調整を今度は矢印キーでこのように調整することができます。また Mac ではOption + Shift +Cmd + T キーで、Windows では Alt +Shift + Ctrl + T キーでトーンカーブに切り替えて、上下の矢印キーで該当する箇所の明るさを調整することができます。以上、ターゲット調整ツールの切り替えと調整方法についての便利な使い方でした。

Lightroom CC/6の裏技とティップス

Lightroom CC/6はカタログを最適化したり、データの効率化により処理速度を上げたり、面倒なキーワード付けやスマートコレクションの作成を容易にしたりすることが可能です。このコースではこれらのさまざまな機能に加え、各種レタッチツールや現像用プリセットの作成と活用、写真の補正前後の比較や選別をスムーズに行うテクニックなどを多数解説します。

3時間53分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。