Lightroom CC/6の裏技とティップス

明暗別色補正のカラーを調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真のハイライトとシャドウに着色効果を加える「明暗別色補正」の簡易的な調整方法について解説です。白黒化した写真だけでなく、カラー写真にこの方法で気軽に独特の色表現を試しましょう。
講師:
03:40

字幕

このレッスンでは、明暗別色補正の簡易的な調整方法について解説します。明暗別色補正はハイライトとシャドウに色相と彩度による着色をすることで、味のある色表現をするという効果です。主に白黒化した写真に、セピアなどの効果を加える場合に利用されます。V キーを押すと写真が白黒化します。次に「ハイライト」に適用する色相と彩度、また「シャドウ」に適用する色相と彩度を設定し、双方の色の適合を「バランス」のスライダーで調節します。ここで「ハイライト」及び「シャドウ」の右側にある下向きの三角形ボタンをクリックすると、スライダーを閉じてカラーボックスでの調整に切り替わります。「ハイライト」または「シャドウ」いずれかのカラーボックスをクリックすると開くパレットで、ハイライトに適用する色相及び彩度の箇所をクリックすると、現在のカラーに適用されます。現在のハイライトのカラーをスウォッチに登録しておくことができます。いずれかのスウォッチを右クリックして、「このスウォッチを現在のカラーに設定」を選びます。パレットに登録されました。次に Mac では Option キーを、Windows では Alt キーを押しながらハンドツールでカラーランプをドラッグして、カラーの表示位置を移動することがでます。 Mac では Command キーを、Windows では Ctrl キーを押しながら、シャドウに適用する色相とカラーの位置をクリックします。ここでは薄い紫の部分をクリックしてシャドウのカラーに適用されました。X キーでパレットを閉じてハイライトとシャドウの右側の三角形ボタンをクリックすると、現在の色相と彩度が適用されています。また明暗別色補正では、カラー写真にも着色をすることで独特の色を表現するのにも有効です。カラーパレットを開きカラーランプでハイライトの色を選び、Mac では Command キーを、Windows では Ctrl キーを押しながらシャドウの色を選びます。X キーでパレットを閉じて、「バランス」のスライダーでハイライトとシャドウの色のバランスを整えます。左にドラッグするとシャドウ側の色を、右側にドラッグするとハイライトの色を強調します。以上、明暗別色補正の簡易的な調整方法についての解説でした。明暗別色補正の効果のオン、オフをスイッチをクリックして切り替えて確認をしましょう。

Lightroom CC/6の裏技とティップス

Lightroom CC/6はカタログを最適化したり、データの効率化により処理速度を上げたり、面倒なキーワード付けやスマートコレクションの作成を容易にしたりすることが可能です。このコースではこれらのさまざまな機能に加え、各種レタッチツールや現像用プリセットの作成と活用、写真の補正前後の比較や選別をスムーズに行うテクニックなどを多数解説します。

3時間53分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。