Lightroom CC/6の裏技とティップス

パネルやモジュールの表示・非表示の切り替え

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
必要なモジュールおよびパネルのみを表示させる方法についての解説です。頻繁に使うモジュールやパネルのみを有効に表示させて、作業効率をアップさせましょう。
講師:
02:20

字幕

このレッスンでは、必要なモジュールおよびパネルのみを表示する方法について 解説をします。Lightroom は用途別に、複数のカタログを気軽に切り替えて使うことができるのが特徴です。例えば、このカタログでは主にライブラリや現像及びプリントのみを使用するというのであれば、モジュールピッカーを右クリックをして不要なモジュール名をクリックして非表示にすることができます。また、縦に並んでいる複数のパネルもすべてを展開させてしまうと目的のパネルを探す手間がかかってしまいます。パネルのタイトルバーを右クリックして「すべてを折りたたむ」を選ぶと、パネル名のみが表示されてスッキリします。とはいえこのカタログでほとんど使うことのないパネルもあります。例えば公開サービスパネルやコメントパネルなどは、不要であれば一覧から非表示にしてもかまいません。タイトルバーを右クリックして、ヒストグラム以外の不要なパネル名のチェックを外して、パネルを消すことができます。今後パネルが必要になった場合は、同様に 右クリックでパネル名を有効にすると一覧に追加されます。モジュール名も同様に、モジュールピッカーを右クリックして「すべてを表示」を選ぶことですべてのモジュールを表示することができます。 以上、不要なモジュールおよびパネルのみを表示させる方法についての解説でした。頻繁に使うモジュールやパネルのみを有効に表示させて、作業効率をアップさせましょう。

Lightroom CC/6の裏技とティップス

Lightroom CC/6はカタログを最適化したり、データの効率化により処理速度を上げたり、面倒なキーワード付けやスマートコレクションの作成を容易にしたりすることが可能です。このコースではこれらのさまざまな機能に加え、各種レタッチツールや現像用プリセットの作成と活用、写真の補正前後の比較や選別をスムーズに行うテクニックなどを多数解説します。

3時間53分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。