Lightroom CC/6の裏技とティップス

ズーム表示のコントロール

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ナビゲーター」パネルを使ってズーム表示をコントロールする方法です。任意の倍率を選択しておき、写真のクリックでズームを切り替えましょう。
講師:
03:49

字幕

このレッスンでは、写真をさまざまな表示倍率に切り替えたいときにナビゲーターパネルを使ってズームの表示をコントロールする方法を解説します。Lightroom で、写真をできるだけ大きく表示させて細部を確認したいということがあるかと思います。そのような時にはShift+Tab キーで、両サイドやフィルムストリップを同時に閉じて画像表示領域を広く利用します。その上で、ナビゲータパネルで表示倍率を調整します。左上にあるナビゲータパネルを開くと、写真の全体のプレビューと上の方には表示倍率の切替ボタンがあります。左側の全体では、画像表示領域に写真の全体像を表示します。右側のフルは、画像領域いっぱいに写真の縦横いずれかの全体がおさまるように表示します。Shift+Tab キーを押すと、画像表示領域の長辺、つまり横の領域に合わせて写真の横幅いっぱいまで表示されています。写真によって一部分が隠れてしまう場合は、写真をドラッグして表示する領域を移動します。左から 3 番目の 1:1 は、写真の原寸サイズつまり 100%で表示します。プレビューの四角い枠で囲まれた部分が画像表示領域に表示されているエリアです。 写真をドラッグしたり、またはプレビューの枠をドラッグして表示するエリアを移動させます。一番右側のボタンは、任意の倍率で表示します。三角形のボタンをクリックして表示されている一覧の上の方から順に、等倍に対して1/16、1/8、1/4、1/3、1/2 まで縮小表示し、その下側は2 倍、3 倍、4 倍、8 倍、11 倍まで拡大できます。等倍および任意の表示から全体またはフルに切り替えた場合には、写真をクリックすると1 つ前に選択していた表示倍率に切り替わります。例えばここで1/16 を選んで、次に全体をクリックして写真をクリックすると、一つ前の 1/16表示に切り替わります。もう一度クリックすると全体表示に戻ります。フルに切りかえて写真をクリックすると、1/16 とフルを切り替えます。以上、ナビゲーターパネルを使うズーム表示をコントロールする方法でした。任意の倍率を選択しておき、写真のクリックでズームを切り替えましょう。

Lightroom CC/6の裏技とティップス

Lightroom CC/6はカタログを最適化したり、データの効率化により処理速度を上げたり、面倒なキーワード付けやスマートコレクションの作成を容易にしたりすることが可能です。このコースではこれらのさまざまな機能に加え、各種レタッチツールや現像用プリセットの作成と活用、写真の補正前後の比較や選別をスムーズに行うテクニックなどを多数解説します。

3時間53分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。