Lightroom CC/6の裏技とティップス

複数の写真への同期設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真の設定をほかの写真に同期するさまざまな方法についての解説です。現像の効果やメタデータのコピー&ペーストについてもショートカットキーを覚えておくと便利です。
講師:
05:15

字幕

このレッスンでは、写真の設定をほかの写真と同期する様々な方法について解説をします。写真に何らかの編集を行なった直後に他の写真にも同じ効果を加えるには、前の設定を使うと便利です。例えばこの写真を V キーで白黒化した後に明暗別色補正でセピア色にするという編集をして、この効果を次の写真に適用するには、「前の設定」をクリックします。ただしこの前の設定は写真 1 枚ずつにしか効果を加えることができません。複数の写真に同じ効果を加えるには、効果を加えた写真を含めて複数の写真を選択して、「同期」ボタンをクリックします。「設定を同期」の画面で同期させる内容を選択をして、「同期」をクリックします。このように同じ効果が適用されました。ただし、同期は既に何らかの編集をしてから他の写真を選択して同期の操作を行うという手間がかかります。これに対して、写真を編集しながらリアルタイムで複数の写真に同時に同じ効果を適用するには、自動同期が便利です。同時に編集したい複数の写真を選択してから、同期の左側にあるスイッチをクリックして、スイッチが上に上がっていれば自動同期が ON の状態です。ちなみにショートカットキーは、Mac ではOption+Shift+Cmd+A キー、Windows ではAlt+Shift+Ctrl+A キーで切り替えられます。 この状態であれば、アクティブな写真に施した効果が同時に選択しているすべての写真に適用されます。例えば、V キーを押してアクティブな写真を白黒にしてさらにトーンカーブでコントラストを強調します。選択しているすべての写真に同じ効果が加わりました。また前の設定を他の写真に同期させると、前に行なった写真のすべての設定が適用されてしまいますが、Mac では Cmd+C、Windows ではCtrl+C でコピーをする内容を確認して、例えばここではトーンカーブのチェックを外した状態でコピーをして、ほかの写真を選択して既に何らかのトーンカーブの調整がされているこの画像に、Mac では Cmd+V キーで、Windows では Ctrl+V キーでペーストすると、トーンカーブの設定はそのまま保たれた状態で白黒の効果だけが適用されました。このように写真に効果を同期させたい場合には、すべての設定を他の写真に上書きするのか、特定の効果のみを適用するのかによって、コピーする内容をチェックします。またメタデータをコピーする際には、Mac では Option+Shift+Cmd+C キーで、Windows ではAlt+Shift+Ctrl+C で、コピーしたいメタデータの内容にチェックを入れて「コピー」をクリックします。 他の写真、このメタデータをペーストしたい写真を選択して、Mac ではOption+Shift+Cmd+V キー、Windows ではAlt+Shift+Ctrl+V キーを押して適用することができます。以上、写真の設定を他の写真に同期する様々な方法についての解説でした。現像の効果やメタデータのコピー&ペーストについても、ショートカットキーをを覚えておくと便利です。

Lightroom CC/6の裏技とティップス

Lightroom CC/6はカタログを最適化したり、データの効率化により処理速度を上げたり、面倒なキーワード付けやスマートコレクションの作成を容易にしたりすることが可能です。このコースではこれらのさまざまな機能に加え、各種レタッチツールや現像用プリセットの作成と活用、写真の補正前後の比較や選別をスムーズに行うテクニックなどを多数解説します。

3時間53分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。