Lightroom CC/6の裏技とティップス

効率よく写真を絞り込むためのヒント

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
採用したい写真、現像予定の写真など、目的に合わせて複数の写真に効率よくフラグやラベル、レートを付けたり、写真を絞り込んだりする方法を解説します。
講師:
04:47

字幕

このレッスンでは、複数の写真に効率よくフラグやラベルレートを付けたり写真を絞り込んだりする方法を解説します。ライブラリモジュールで複数の写真を並べて比較する場合は、選別表示に切り替えると判断がつきやすくなりますし、フラグを付けたり不要な写真を一覧から除外するといった操作もショートカットキーで素早くこなすことが出来ます。まず複数の写真を選択するには、Shift キーを押しながら矢印キーで選択します。ある程度の写真を選択したら、N キーで選別表示に切り替えます。白い枠で囲まれているのがアクティブな写真です。矢印キーで移動することができます。不要な写真は、/ キーを押して選別から除外します。気になる写真は、Q キーを押してフラグを追加します。フラグを立てておけば、多くの写真から絞り込むことがてきます。G キーでグリッド表示に切り替えて、Mac では Cmd+L キーで、Windows ではCmd+L キーでライブラリフィルターの属性を開きます。フラグの「すべてのフラグステータス」をクリックすると、フラグ付きのみの写真を絞り込みます。もう一度クリックすると解除します。ここで Mac ではCmd+D キーで、Windows では Ctrl+D キーで一旦選択を解除します。 もしすべての写真から特定のフォルダなどの多くの写真からフラグ付きの写真だけを選択したい場合は、Mac ではOption+Cmd+A キーを、Windows ではAlt+Ctrl+A キーでフラグ付きの写真を同時にハイライトします。これらのフラグを一気に解除するには、Q キーを押します。もう一度押すとフラグが立ちます。またラベルは、カラーごとにクリックして同じ色のラベルのついた写真を絞り込みますが、すべての写真などの一覧からここでは緑のラベルのついた写真だけを選択するには、Mac では Cmd キーを押しながら、Windows ではCtrl キーを押しながら特定の緑のラベルをクリックします。このように緑のラベルが付いた写真が同時にハイライトされました。Mac では Cmd+A キーで、Windows では Ctrl+A キーですべての写真を選択した状態で、Mac では Option+Cmd キーを押しながら、Windows ではAlt+Ctrl キーを押しながら緑のラベルをクリックすると、緑のラベルの選択が解除されました。また E キーを押してルーペ表示に切り替えると、数字の1、2、3、4、5 のキーを押すことで星の数を設定できます。 ルーペ表示で、矢印キーを使って 1 枚ずつ閲覧しながら星の数を適用していくことができます。星を削除するには0 キーを押します。以上、複数の写真に効率よくフラグやラベルレートを付けたり写真を絞り込んだりする方法の解説でした。

Lightroom CC/6の裏技とティップス

Lightroom CC/6はカタログを最適化したり、データの効率化により処理速度を上げたり、面倒なキーワード付けやスマートコレクションの作成を容易にしたりすることが可能です。このコースではこれらのさまざまな機能に加え、各種レタッチツールや現像用プリセットの作成と活用、写真の補正前後の比較や選別をスムーズに行うテクニックなどを多数解説します。

3時間53分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。